FC2ブログ

心の治癒と魂の覚醒

        

地に足を着けて素朴に生きる

 まずは例によって、イデア ライフ アカデミーの報告とお知らせから。
 先日、12月1日と2日に、イデア ライフ アカデミーの哲学教室第3回「聖者はいかにして誕生するか-P・ソローキンに学ぶ-」を行いました。
  旧ソビエトに生まれ、革命家として投獄されて死刑判決を受けるも釈放され、国外追放されてアメリカに亡命。ハーバード大学の社会学教授となったピティリム・A・ソローキンの「愛の力の研究」を紹介しました。彼は、古今東西の聖者と呼ばれる人々や、名もなき利他主義者のケースを集め、彼らに共通する項目を探すことで、いかにして「愛の力をもった人」、すなわち愛の実践者は生まれ育つか、その秘密を解き明かそうとした学者です。ソローキンによれば、やはり道徳的で幸せな家庭からは聖者(愛の実践者)が生まれる確率は高いとしながらも、不幸な家庭に育った人は、幸せな家庭に育った人よりも、回心する(つまり愛の実践者になる)ときは急激に回心することを発見しました。また、「予期せぬ親切」によって人は愛の実践者へと生まれ変わるとし、そのよい例が小説『レ・ミゼラブル』だといいます。また、人は苦難に陥ると、前より悪人になる人と善人になる人に分極化されるとし、苦難によって善人(愛の実践者)になるのは、どういう条件によるものなのか、授業ではそういったことを紹介しました。とても有意義な研究をした人物なので、ぜひその一端を動画のダイジェスト版でかいまみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=--VJCkb2CIE&feature=youtu.be
 イデア ライフ アカデミー、今年最後の授業は、12月15日と16日に行われる瞑想教室です。運命を好転させるサブリミナル動画と音声による瞑想、突如としてびっくりするような音が流れ、いかなる状況でも心を安定させる不動心養成のための瞑想法などを行う予定です。すべて私が独自に開発したオリジナルです。興味のある方はぜひご参加ください。
http://www.interq.or.jp/sun/rev-1/

 さて、本題に入りたいと思いますが、「人生を生きる」というのは、言うまでもなく、「リアルな世界」で生きるということです。
 しかし、最近の傾向として、とりわけスピリチュアルと呼ばれる世界においては、リアルな世界で生きるのではなく、「観念的な世界で生きている」と思えてなりません。それは宗教もたいてい同じであり、宗教の教えを聴いて頭で理解して、それでリアルな世界に生きているかのように錯覚しているのです。
 たとえば、宗教やスピリチュアルの世界では、「愛しなさい」ということを説きます。愛について、たくさんの言葉が費やされています。そうした言葉を何回も読んだり聴いたりしていると、「自分は愛の人で、愛を実践している人だ」といった錯覚を起こしやすいのです。しかし実際には、ほとんど愛と呼べるような実践はしていないのです。実践していないのに、「自分は愛のある霊的に高いレベルの人間だ」と自惚れていたりするわけです。
 ソローキンも述べていましたが、「愛の宗教」であるはずのキリスト教の信者のなかには、愛の実践者が思ったよりずっと少ないこと、また、愛の実践者の多くは、インテリよりも、それほど学識のない「素朴な人」が多いということです。あるいは、かつては高い学識を持っていても、そうしたものを捨てて素朴になった人です。
 ところが、宗教やスピリチュアルの世界に行くと、やたらと自分の知識をひけらかす人がいます。こういう人は、「認められたい」というエゴに縛られているのです。
 
 知識や学問が無駄だとは言いません。しかし、そうしたものは、基本的に「バーチャル」であり、頭の中だけのものなのです。それで終わってしまったら、愛の実践の邪魔になるのです。つまり、魂の覚醒の邪魔になるのです。知識や学問といったものは、しばしば人を傲慢にします。知識や学問がない人を小馬鹿にしたりするのです。これは真の宗教やスピリチュアルとは反対の異物です。本当に愛を知っている人は、愛の知識が豊富な人のことではなく、実際に愛することができる人です。

 イエスは、「幼子のごとくなれ」と教えました。これは素朴になりなさいということでしょう。
 素朴な人は、地に足を着けて、淡々と誠実に、現実生活を一生懸命に生きています。愛の知識だとか、あの世の知識などといった観念の「幽霊」をもてあそんでなどいません。そういう人は、地に足が着いておらず、電車のなかで、老人を前に立たせておきながら、自分たちは座って得意げに愛についての議論をしているような人たちです。

 しかし、こういう人は、宗教やスピリチュアルの世界に少なくないのです。あの世のことだとか、霊的な不思議なことばかりに興味がいって、それがまるで現実世界であるかのように、夢遊病者のように生きているわけです。
 現実世界を淡々と生きるというのは、エゴにとっては魅力がないのです。だから、エゴを歓ばせるような、私から言わせるとニセの宗教やスピリチュアルがはびこっているのです。
 あの世のことだとか、高次元世界のことだとか、神だとかカルマの法則だとか、そういったことは証明できません。証明できないものは観念の世界から外に出ることはありません。もしあの世が存在するとするならば、あの世に行けばあの世が「現実」になるでしょう。しかし、この物質的な地上世界で生きている私たちにとっては、この世界こそが現実であり、生きる「舞台」なのです。
 その舞台の上で、精一杯に生きないで、ふわ~と観念(という夢)の世界で生きている人たちは、本当に生きているとは言えないのです。

スポンサーサイト
人生をどう生きるか | コメント:2 | トラックバック:0 |

格好よく生きる


 まずは報告とお知らせから。
 先日の11月17日と18日に、イデア ライフ アカデミー瞑想教室第2回を行いました。テーマは「サブリミナル瞑想法」
 前回、初めて瞑想教室を行ったとき、参加者の多くが、この地上生活に対する悩みや不安を抱いており、そのために瞑想に専念できない様子が伺われました。やはり、この現実生活を不安のない、明るいものとすることが大切だと考えました。そこで、潜在意識に「すべては必ずうまくいく」という肯定的な暗示をインプットする技法(サブリミナル効果)を使った動画と音声を制作しましたので、それを参加者の皆さんに試していただきました。実際の効果については、今後の声を聴かないとわかりませんが、前例のあまりないサブリミナルの手法を駆使したという点では、面白い動画と音声ができたのではないかと思っています。一部ですが、ダイジェスト版で実際に視聴することができますので、ぜひご覧になってください。潜在意識に肯定的な暗示をインプットできれば、運命が好転し、将来への不安がなくなるでしょう。
https://www.youtube.com/watch?v=Gzyo1we4TLg
 なお、次回は12月1日と2日に哲学教室第3回目を開催します。社会学者ピティリム・ソローキンの偉大な業績、すなわち、「隣人愛の実践者はどのようにして誕生するか」という研究を紹介します。真の人間性はどのような環境や条件で目覚めるのか、非常に感動的で意味深いこの研究について、ぜひ皆様に知っていただきたいと希望しています。参加ご希望の方はホームページをご覧ください。
http://www.interq.or.jp/sun/rev-1/

 さて、本題ですが、私は「格好よく生きる」ということが、人生においてとても大切だと思っています。
 もちろん、格好といっても、単にルックスだとか、上辺だけのものではなく、深い人間性、すなわち人格を土台としている、という意味です。
 では、具体的に、どんな人が、真の意味において「格好いい」と言えるのでしょうか?
 たとえば、勇気があって強い人でしょうか?
 それも確かに、一面では格好いいと言えますが、それだけではちょっと物足りないと思います。

 誰が言ったかわかりませんが、こんな言葉があります。
 「男は、強くなければ生きられない。優しくなければ、生きている価値がない」
 私は、こういう男(女)こそ、格好いいなあ、と思うのです。強さと優しさという、一見すると相反する面を持った人ですね。お相撲さんの世界でも「気は優しくて力持ち」なんていう言葉があるみたいですが、やはりこんな両面性がある人が格好いいと思うのです。
 以上のことは、どなたも同じように感じると思います。
 しかし、次のような場合、感じ方は分かれるかもしれません。

 それは、強さと弱さの両面をさらけ出して生きる人です。
 完全な人間はいません。必ず弱いところがあります。ある人は、弱いところなど持っていない完璧な人を、いわばヒーローとして讃え、そんな人を「格好いい」と思うかもしれません。だから、その人の弱いところを見ると、失望して去っていってしまうでしょう。
 しかし、自分の弱さをどうどうとさらけ出せる人を、格好いいと思う人も、世の中にはいます。
 禅の高僧、良寛が死期を間近に読んだという、次の句があります。
 「裏を見せ、表を見せて、散るもみじ」
 つまり、強さも弱さも、美しい面も醜い面も、みんな見せて死んでいくという生き様を表現した句ですが、私はこれこそ本当に格好いいと思うのです。逆説的ですが、弱さを見せられるということは、強さの証拠でもあるからです。弱い人ほど、自分の弱さを人に知られるのを怖れるでしょう。弱さを隠そうとする態度は、決して格好いいとは感じません。
 そして、弱さをさらけだした上で、しかし、その弱さを克服していこうと懸命に努力していく生き様を見せていく姿こそが、さらに格好いいと思うわけです。

 こういう、見せかけではない真の格好いい生き方をしていると、やはり同じような人が集まってきます。そのような集まりは「見せかけの交わり」ではなく、深い友情の絆で結ばれるものです。そのような人と縁ができて、強い親交を結ぶことができれば、それは人生におけるもっとも幸運なことではないかと、私は思うのです。
人生をどう生きるか | コメント:2 | トラックバック:0 |

人の目を気にしないで生きる


 まずはご報告とお知らせから。
 先日11月3日と4日に、イデア ライフ アカデミー哲学教室第2回が行われました。テーマは「魂の衝動<ホロガニズム心理学>」です。ホロガニズムというのは、私の造語で、生命の基本的な2つの働きを総称したものです。私は若いときから「人生はいかに生きるべきか」について考えてきて、さまざまな偉人たちの考え方を学んできましたが、しょせんは、主観的で個人的な見解に過ぎないのが不満でした。主観は間違うことがあるからです。主観ではなく、客観的で、科学的にも絶対に正しい「人生の生き方」が知りたいと思って探求を続け、そうして得られたのがホロガニズムです。その考えに導いてくれたものが、「粘菌」です。粘菌の不思議な働きから本当の人生の生き方を学びました。この生き方はおそらく真理です。では、具体的に、人生はどう生きればいいのでしょうか? 動画をアップしましたので、ぜひご覧になってください。
https://www.youtube.com/watch?v=3xiJN483IRU
イデア ライフ アカデミーでは、哲学教室と瞑想教室を毎月行っています(1月と8月は休講)。人生の真実の生き方を探求してみたい方、ぜひ、ご参加ください。
詳細はホームページまで
http://www.interq.or.jp/sun/rev-1/

 さて、以上のべたように、客観的で科学的にも絶対に正しい「人生の生き方」とは、いったい何なのか、詳しい説明は動画を見ていただくとして、結論から言いますと、
 1.世のため人のため(全体集団の利益のため)に生きる。2.自分の個性(特技、才能)を発揮して生きる。
 この二つです。ただし、最終的な結論としては、両者を併せて、
 「世のために人のために、自分の個性(特技、才能)を発揮して生きる(貢献する)」
 ということになります。これは生命の本質的な働きから導き出された結論であり、主観的な考えや感想ではありません。私たちの本質は生命なのですから、生命である限り、こうした生き方をするように作られているのです。だから、これこそが「人生をどう生きるか」ということの解答だと思うのです。

 しかしながら、それは容易な生き方ではありません。
 世のため人のために生きることも難しいですが、それ以上に難しいのは、自分の個性(特技、才能)を発揮して生きることです。
 それが難しい理由は、まず第一に、自分の個性や特技や才能が何であるか、わからない場合が多いからです。個性というのは、単純に「好きなこと」であると解釈してもいいと思いますが、「自分は何が好きなのかわからない」という人が少なくないのです。
 仮に、何が好きで、自分の個性や特技や才能を自覚することができたとしても、それで世のため人のために貢献できるかどうかは、別問題です。具体的には、自分の個性や才能に合った、好きな仕事をして世のため人のために貢献するということになるわけですが、いったい、そのようなことをして生活が成り立っている人は、どれくらいいるでしょうか。ほとんどの人は、特に好きでもない、また、誰でもできそうな仕事を、しぶしぶ我慢しながらやっている、というのが現状だと思います。

 もちろん、仕事ばかりが手段ではないでしょう。仕事以外の活動、たとえば趣味やボランティアといった領域で、自分の個性を活かして世のため人のために貢献するという道もあるでしょう。
 ところが、やはり現実は厳しくて、日々の仕事をするだけで精魂を使い果たしてしまい、時間的にも労力的にも、とてもそのようなことをするゆとりはない、という人も数多くいるわけです。
 このように考えると、この地上の人生というものは、生命のあるべき活動がやりにくい、ということになるわけです。生命の力がうまく発揮できないのです。
 そのために、さまざまな病気や苦悩といったものが、世の中に氾濫しているわけです。生命力が抑圧されているために、心身の健康を害してしまうからです。

 では、いったいどうしたらいいのでしょうか?
 ひとつの回答としては、要するに、お金があれば、自分の個性を活かした好きなことができるわけですから、お金があればいいわけです。
 そういうと「お金がないから苦労しているんじゃないか!」と叱られそうですが、お金を稼ぐことよりも、なるべくお金がなくても生活できる道を選ぶという選択肢もあるのではないかと思います。
 好きなことをするために、それとは関係のない余計な出費を抑えて生きるのです。
 多くの人は、「見栄を張るために」お金を欲しがっています。人から貧しい人だと思われたくないのです。いまの社会はお金のあるなしで人間を評価される時代ですから、お金がないということは、下に見られ、バカにされてしまうといった恐怖心が、お金を求める背後に存在しているわけです。そのために、必要以上のお金が必要になってくるのです。
 たとえば、クルマなどは、軽自動車で十分です。「軽自動車に乗っていると貧乏人だと思われてバカにされるのではないか」という見栄(言い換えれば恐怖心)から、軽自動車ではなく、普通自動車、さらには高級車に乗りたがるのです。
 服や持ち物などもそうです。ブランド品は確かに品質はいいですが、ブランドでなくても品質のよいものはいくらだってあります。ブランド品を持ちたがるのは、見栄(恐怖心)からであり、言い換えれば、自分自身に自信がない人(自己肯定感が低い人)が、そういう持ち物を所有することで自己肯定感を高めようとしているわけです。

 そのような見栄のために、つまりは、人の目を気にする生き方をするために、出費がかさみ、好きなことができないでいる、といったことが多いわけです。
 私は、これは愚かなことであると思います。もちろん、人にはそれぞれ生き方があるでしょうから、とやかくいうつもりはありませんが、少なくとも私は、そういう生き方は窮屈でイヤですね。
 衣食住のすべてにおいて、見栄のためだとか、無駄で必要のないものを切りつめれば、生活費は思ったほどかかりません。
 そうしたら、仕事なども、ある程度、稼ぐことができさえすれば、無理な残業などはせず、なるべく定時に帰宅して、そのぶんの時間と労力を好きなことに使うようにした方が、よほど生命の理にかなっていますし、幸せだと思います。もちろん、残業をしなければ、残業代はつきませんし、出世もできなくなるかもしれませんが、生活費がかからなければ、そういう仕事の仕方も選択肢のひとつだと思うのです。ある程度、いい年齢をして出世もできず役職もつかないでいれば、まわりの目も冷たいでしょうし、屈辱を感じるかもしれませんが、そんなことは気にしないことです。人からどう思われようと気にしないことです。

 人の目を気にしない生き方をするだけで、肩の荷が軽くなり、今までよりはるかに自由に生き生きと生きられるようになります。ストレスも減ります。健康にも貢献します。そして、人生の新たな可能性が開けてくるものです。
 人から何と思われようと、いいではありませんか。バカにしたい人は、させておけばいいのです。彼らの方こそバカで可哀想な人間だと思うことです。自分の好きなことに時間をかけられる喜び、人の助けになるために時間をかける喜びに比べたら、人の目など、クズにも等しい価値のないものです。
 「人の目を気にしないで生きる」
 これは「人生をどう生きるか」を論じる上で、とても大切なポイントだと思っています。

人生をどう生きるか | コメント:2 | トラックバック:0 |

人生をどう生きるか


本題に入る前に、まずは報告とお知らせ。
 10月20日と21日に、イデア ライフ アカデミー瞑想教室第1回が開かれました。最初に瞑想の基本的な知識を紹介し、その後、瞑想の効果をあげる簡単な肉体エクササイズの実習、そしてリラクゼーション瞑想法を行い、最後に、私が開発した瞑想状態を深くさせる独自の音を流しながら「イデア瞑想法」を行いました。youtubeにダイジェスト版をアップしましたので、ぜひご覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=M6g_1fHHUF8&feature=youtu.be
 瞑想には次のような効果があります。・ストレス解消・リラックス効果・不動心の養成・脳機能の活性・閃きの開発・潜在能力の開発・免疫力増加・病気改善・美容効果・運命好転・願望成就・霊能力の開発・覚醒(悟り、解脱)です。イデア ライフ アカデミーでは、魂の覚醒をめざす「イデア瞑想法」を中心に、さまざまな瞑想法を試していただくことになっています。瞑想の習慣がない方は、瞑想を学ばれると、人生が劇的に変わるかもしれません。
 イデア ライフ アカデミーの今後の授業日程については、以下のホームページをご覧下さい。皆様のご参加、お待ちしています。
http://www.interq.or.jp/sun/rev-1/
 
 さて、本題ですが、このところしばらく、専門的で難しい内容をテーマにしてきたので、バランスをとるために、誰もが抱く身近なテーマを取り上げたいと思っています。そこで、「人生をどう生きるか」というカテゴリーを設けました。しばらく、このテーマで、いろいろと論じていきたいと思います。もちろん、そうした話題の根底には、これまで紹介してきた専門的で難解なテーマの土台があるわけなのですが。

 私は若い頃から「人生をどう生きるか」ということに関心を抱き、ずっと今まで考え続けてきました。まだ人生を語る資格が十分にあるとは言えない二十台の頃から「人生とは・・・」と熱く語ってきたところがありました(笑)。
 では、還暦ちかくなった今の私は、「人生とはこうだ」などと語る資格はあるのかと問われると、正直、自信がありません。人生とは底知れぬ深海のようなもので、いかに深く潜り込んでも、さらに深淵があるものです。ですから、私の語ることは、「結論」ではありません。今なお発展途上にある、あくまでも現在の考えであると思ってください。
 それに、歳を重ねたからといって、人生の本質がわかるとは限りません。案外、若者の方が、より人生の本質を的確に語っていることだってあると思います。ただ、経験の幅という、人生における情報量という点では、当然、歳を重ねるにつれて多くなりますから、それだけ人生の本質を読めるようになる可能性は高くなるでしょう。ただその場合でも、情報が多ければいいとも限りません。情報が多いがゆえにかえって混乱するということもあるわけですから。

 では、人生とは何であり、人生をどう生きるべきなのでしょうか?
 私の基本的な考え方はこうです。
 地上の人生とは「冒険」だと思っています。地上はさまざまな危険や困難に満ちています。ジャングルのようなものです。猛獣がいたり、毒蛇がいたり、けばけばしい色彩で魅惑する毒キノコが生えていたりします。しかし一方で、美しい花々や鳥たちの姿もあります。それが人生というものではないでしょうか。そんな地上世界にやってきた私たちは、「冒険者」なのです。

 この地上を、楽園であり、安楽で平安な、のんびりした場所であると思っていると、それはいつか裏切られるでしょう。いつひどい目に遭うかわかりません。危険や困難と隣り合わせで、私たちは生きているのです。ちょっとでも油断すれば、背後から猛獣に襲われ、ちょっとでも色鮮やかな姿のキノコに惑わされて食べようものなら、ひどい苦しみが待っていたりするわけです。

 本質的にこの地上はそういう場所なのですから、いっそのこと覚悟を決めて、「自分は冒険しているのだ」と思うことです。そうすれば、「冒険なのだから、苦労があって当たり前」と思えるようになります。そう思えば、多少の苦労や苦しみに遭遇しても、その衝撃を和らげることができます。「冒険家」は、冒険を楽しむために冒険しているわけですから。

 一番よろしくないのは、不幸や苦しみが起こると、それは「自分が悪いからだ」と自分を責めて落ち込むことです。確かに、自分が悪いために不幸や災難に見舞われることもあるでしょう。しかし、人間は完璧ではありません。ベテランの冒険家でさえ、命を落とすという例など、いくらだってあります。この世の不幸災難というものは、私たち人間がそれを防ごうとする能力をはるかに超えているのです。だから、不幸や災難や苦しみに遭遇しても、自分を責めることはするべきではありません。もともと人生には、不幸や災難や苦しみが起こるものなのです。だから「冒険」なのです。

 もちろん、反省は大切です。よくないことが起こったら、なぜそれが起こったのか、その原因を探り、二度とそれが起きないように対策を練るということは必要です。それを繰り返すことで、人間は賢くなっていくのです。懐の深い人間性が養われていくのです。
 しかし、自分を責めてはダメです。繰り返しますが、人生というものは、不幸や災難や苦しみが起こるようにできているのです。だから、そういうものが起こったら、まずは反省しますが、反省したら、あとは気にしないことです。
 私たちの多くは、不幸そのものの苦しみに加えて、その不幸が起こったことをくよくよ考えて、さらに苦しみを深くさせています。これは愚かなことです。苦しみは、不幸そのものだけでたくさんです。自分で自分をさらに苦しめる愚行はやめましょう。そんなエネルギーがあるなら、それを、明るい未来を創造するために使っていくべきなのです。

人生をどう生きるか | コメント:6 | トラックバック:0 |

イデア ライフ アカデミー瞑想教室の音響システム

イデア ライフ アカデミーの瞑想教室の準備が整いました。瞑想の効果をあげるには、環境が非常に大切です。幸い、教室は閑静な場所にあり、その点では恵まれていますが、さらに効率的に深めるための音響システムを構築しました。瞑想の達人になると、内面から独特の音が聞こえるらしいのですが、その音の周波数分析のデータがあり、それをもとにパソコンとシンセサイザーで同じ周波数の音を作成しました。同時に、「宇宙の根元の音」とされる音も作成し、両者を併せた音を作りあげました(自分ではこれは「特許もの」の発明ではないかと自負していますが)。いわば、ミクロの音とマクロの音を合成した音であり、共鳴現象によって、この音に耳を傾けることで瞑想がより深くできるようになると考えられます。そして、その音を、前方2つと後方2つ、それにサブ・ウーファの5つのスピーカーを配置した教室に流します(右図。青い円で囲まれた領域で瞑想します)。自分で試してみましたが、目を閉じていると、四方八方から響く音に包まれて、まるで異次元の空間に浮遊しているような感覚になってきます。都内でこれほど瞑想に適した空間は他にないのではないかと思います。
 皆様、ぜひこの異次元空間の感覚を体験しに来てください。瞑想教室は、10月20日(土)と21日、11月17日(土)と18日に開催されます。
 詳細は以下のホームページをご覧ください。
 http://www.interq.or.jp/sun/rev-1/

facebook_convert_20181016120414.jpg


お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>