心の治癒と魂の覚醒

        

魂は実在するのか?(5)

 霊界では「ある人に会いたいと思った瞬間に、目の前にその人が現れる」という現象があるといわれています。
 しかし、これは奇妙なことです。たとえば、ある人に会いたいと思ったその瞬間に、その人は別の人と会っていたかもしれません。すると、その場から連れ去られるように姿を消して、会いたいと思ったその人のもとに現れるのでしょうか? もし同時に複数の人から「会いたい」と思われた場合は、どうなってしまうのでしょうか?
 すると「いや、霊界という場所は、一人の人間が同時にいくつもの場所に姿を現すことができるのだ」と言うかもしれません。まるで分身の術を使っているかのようです。
 これは、もっともらしい説明に聞こえますが、実体とかけ離れています。
 たとえば、もし同時に、あなたが百人の人と話をしたとします。あなたは、同時にその百人の人の話を理解し、考え、適切な言葉を口にすることができるでしょうか?
 そのようなことはとてもできませんし、想像もつきません。そうなったら、果たして個人というものの統一性というものがなくなってしまいます。個人の統一性とは、誰かと話をしているときは、その人の話だけに意識が向けられているということです。そして、ひとつの思考や感情だけがあるということです。意識の焦点が一点に向けられているからこそ、個としての存在が成り立つわけです。もし同時にたくさんの人に意識を向け、さまざまな思考や感情が同時進行したら、いったいどれが本当の自分の思考や感情として認識するというのでしょうか。その人の意識の本体というものがどこにあることになるのでしょうか?
 結局、「会いたいと思ったらその人が目の前に現れる」という現象は、その人が作り出した幻影ではないでしょうか。そう考えた方が自然です。
 霊能者など、死者を呼び出して、その人と会話をするというのも、同じことでしょう。霊能者が勝手にその死者の幻想を作り出しているのです。しかし、すでに述べたように、脳内の量子もつれ現象により、その死者が残した記録にアクセスできますので、誰も知らないはずの情報を口にしたりするわけです。たとえば、会ったこともないその死者の姿形などを言い当てたりするわけです。
 そういうカラクリを知らない一般の人は、ズバリその事実を言い当てたのを知って驚き、本当にその死者の魂が現れたのだと信じてしまうのですが、そうではない可能性があるわけです。
 以上のように考えると、同時に複数の場所に存在するとされる「魂」なるものは、果たして存在するのかどうか、あやしく思われてくるのです。

スポンサーサイト
霊界と生まれ変わりの真実 | コメント:0 | トラックバック:0 |

魂は実在するのか?(4)

 魂が存在しないとすると、たとえば幽体離脱して、地上世界や霊界を見聞したということは、どのように解釈したらいいのでしょうか。
 それは、脳が作り出した幻想なのでしょうか?
 ある医師は、自らの臨死体験によって、それは脳の作り出した幻想ではなく、魂や霊界は実際に存在するのだと確信を得たといいます。
 というのは、自分が臨死体験をしている間、大脳の前頭葉の機能が停止していたからだというのが、その根拠です。ご存知のように、前頭葉は私たちの思考を司る部位ですから、この部分が機能停止していたら、臨死体験のようなビジョンを見ることはできません。その体験を認識したり、何かを考えたりすることはできません。
 そうなると、確かに臨死体験は脳が作り出した単なる幻想とは言えなくなります。
 神経細胞によって脳が働くときは、そこに電流が流れますから、脳波を測定すれば、機能しているかどうかわかります。脳波が感知されなければ、神経細胞に電流が流れていないことになり、機能停止と見なされます。
 しかし、だからといって、脳が機能していないことにはならないのです。
 というのは、すでに紹介した「量子もつれ」によって、脳細胞どうしが情報を直接にやりとりしている可能性があるからです。量子もつれによる脳の活動には電流が流れていないので、脳波で測定はできないはずです。つまり、脳は機能停止しているように見えます。しかし実際には、機能している可能性があるわけです。
 したがって、臨死体験中であっても、脳の前頭葉は活動していたかもしれません。そうなると、臨死体験は、やはり脳が作り出した幻想である可能性が否定できなくなるのです。
 しかも、脳内の量子もつれは、いわゆるESPやサイコメトリーの働きと関係あることも紹介しました。臨死体験中に、超感覚的な能力を発揮する理由も、これで説明がつきます。つまり、臨死体験中に、脳内の量子もつれによって脳が機能していたために、さまざまな幻想と共に、それが客観的な事実と一致するという事象も生じるわけです。そのために、魂が浮遊して部屋の様子や遠く離れた場所の様子を目撃したり、その内容が事実と一致したりするわけです。また、まったく学んだ覚えがない言語を話すといった現象も、その言語情報にアクセスできれば可能となるはずです。

 そもそも、仮に、脳とは独立して思考作用を司っている魂なるものが存在した場合、なぜ脳に思考機能が備わっているのかという疑問が生じてきます。魂が思考できるのであれば、思考機能を司る前頭葉は必要ないことになります。
 また、魂の状態で体験したことを記憶しているということになりますから、記憶を司る扁桃体も必要がないはずです。体験したことを、魂が記憶すればいいからです。
 なのになぜ、脳などというものがあるのでしょうか?
 自然というものは、必要がないものは生み出さないはずです。脳がなくても思考したり記憶できたりするのであれば、脳という器官は生物に備わっていないと考えた方が合理的です。むしろ、邪魔になるだけでしょう。
 このように考えても、脳とは別に、思考する魂のようなものが存在するとは考えにくくなるのです。

霊界と生まれ変わりの真実 | コメント:10 | トラックバック:0 |

魂は実在するのか?(3)

 これまで、魂は物質でもエネルギーでもないと説明してきました。この世の中で「存在するもの」といえば、物質かエネルギーかのいずれかのはずです。この両者でもないとしたら、魂は存在するとは考えにくくなるのです。
 すると「いや、魂は高次元世界の物質で構成されている。だから、地上世界では見ることも測定することもできないのだ」と主張する人がいるかもしれません。
 しかし、次元の高い存在が低い次元の世界に存在することは、原理的に不可能です。
 たとえば、立体は三次元で、平面は二次元ですが、平面世界に立体は存在できません。
 したがって、高次元に属する魂なるものが、それより低い次元の物質世界に存在するということは、ありえないのです。
 ですから、魂は高次元世界の物質ではありません。そうなると、地上世界の物質か、あるいはエネルギーということになりますが、すでに考察したように、その可能性もありません。
 結局、どう考えても、魂というものは存在しないと考えられてしまうのです。

 ただ、魂そのものは地上次元ではなく高次元に存在するが、その高次元にいる魂から情報が送られてきていて、地上世界の肉体(脳)と情報を交換している、という考え方はできるかもしれません。実際、「ハイアーセルフ」(高自我)という考え方があります。つまり、魂そのものはこの地上次元には存在せず、高い次元に存在しているが、高次元の魂からこの地上次元の肉体に情報が送られてくる、また肉体の情報が魂に送られるという説です。
 しかし、そう考えたとしても、ひとつ問題があります。
 それは、どのようにして情報を交換しているかです。
 つまり、魂という高次元の物質と、肉体という地上次元の物質との間で、情報のやり取りが行われる際に、その情報はどのように伝達されるかということです。
 情報は、必ず何らかの媒体によって伝達されます。
 媒体なくして情報が伝達されることはありません。たとえばニュースなどの情報は、音声媒体(人の話)だとか、紙媒体(新聞)だとか、電波媒体(テレビ・ラジオ)といったもので運ばれます。
 しかし、情報を送信したり受信したりするには、双方が同じ媒体を使っていなければ不可能です。眼の不自由な人に新聞をわたしても情報は伝わりませんし、耳の不自由な人にラジオをわたしても情報は伝わらないようなものです。

 もし、情報を伝えようとするなら、異質な媒体どうしを変換する媒体が必要となります。
 たとえば、音の情報を光の情報に、光の情報を音の情報に変換するような媒体です。直接、音の情報を光の情報に、光の情報を音の情報にすることはできません。情報の媒体が異質だからです。異質な媒体どうしを結びつける他の媒体が必要となります。
 たとえば、そのような媒体の代表的なものが電気です。光の情報は電気信号に変換されて音の情報になります。音の情報は電気信号に変換されて光の情報になります。この典型が音楽CDです(録音:音→電気→レーザー光線/再生:レーザー光線→電気→音)。
 では、高次元の情報と地上次元の情報とを変換する媒体というものが、存在するのでしょうか?
 もし存在するなら、それは、高次元世界にも地上世界にも存在していなければなりません。つまり、高次元の存在でもあり、同時に低次元の存在でもある、ということになります。
 しかしこれは、あきらかに矛盾したありえないことです。
 音や光や電気といったものは、すべて同じ次元に存在しています。だから電気が音や光の媒体となれるのですが、次元の違いとは、まったく別の世界ということになり、まったく異なる原理や法則で成り立っています。
 たとえば、ある存在が、立体(三次元)であり、同時に平面(二次元)である、などということがありえるでしょうか? 原理的にありえません。
 つまり、共有できる媒体が存在しないことになります。ということは、高次元世界と地上世界との情報をやり取りすることができないということになるわけです。
 こう考えても、高次元世界と地上世界の情報をやり取りしているとする魂というものは、存在しない可能性が高くなってくるのです。

 しかし、仮に百歩ゆずって、私たちの想像をはるかに超えた何らかのメカニズムによって、高次元と地上次元との間で情報を交換できると考えてみます。
 ところが、低い次元では、高い次元の情報を完全に把握することはできません。
 たとえば、ピラミッドの形は立体次元の存在ですが、それが平面次元においては、三角形や四角形といった平面でしか把握できません(横から見たら三角形、上から見たら四角形)。しかし、三角形や四角形は、ピラミッドの真の姿ではありません。
 高い次元の存在は、低い次元の存在を包含しています。高い次元の情報は、低い次元には、断片的にしか伝わらないのです(もし完全に伝わるとしたら、次元というものの定義が覆されてしまいます)。
 したがって、もし高次元と地上次元との間で情報が交換できると仮定したとしても、私たちは高い次元の情報を正確に認識することはできないのです。ある人はピラミッドを三角形と主張し、ある人は四角形だと主張するようなものです。どちらもピラミッドではありません。次元がひとつ違うだけでもこれほど差があるのに、次元が二つも三つも違ったら、真の姿とはほど遠くなってしまうわけです。
 このように、仮に高次元世界に魂なるものがあり、それが地上次元の脳との間で情報を交換しているとしても、私たちの脳は、魂からの情報を完全には認識できず、かなり歪められたものになっているということです。
 ピラミッドを平面的に説明しようとしたら「四角形でもあり三角形でもある」と矛盾した表現になってしまいます。しかし、立体というものを認識できない平面世界の住民にとって、四角形でもあり三角形でもあるというのは、矛盾してあり得ないことになります。どんなにがんばっても認識できません。もしピラミッドの真の姿を認識できたなら、想像していたものとはまったく違い、驚くと思います。
 同じように、仮に霊的な存在、霊的な世界というものが存在するとしても、それは私たちの想像をはるかに超えたものなのです。早くいえば、わからないものなのです。
 そのわからないものを、いかにも明確な真理であるかのごとく語っている宗教やスピリチュアルの教えというものは、ナンセンスとしか言えないわけです。ピラミッドを「三角形だ! いや違う、四角形だ!」などと主張して争っているようなレベルです。
 考察してきたように、霊的なものは高次元であるとするなら、低次元であるこの地上で説かれた「霊的なもの」のはすべて、間違っていることになるのです。控えめに言っても、正確ではない、ということになります。
 ということは、魂というものも、仮にそのようなものが存在しているとしても、私たちの想像とはまるで違ったものでしょうから、実質的には別物ということになり、存在しないと言ってもいいことになるわけです。

 間違ったものを信じるくらいなら、信じない方がましです。間違ったものを信じていたら、間違った考え方や行動につながってしまうからです。
 あえて、霊的世界の事象を表現しようとしたら、言語を超えたものとなり、「空(くう)」という言葉が当てはまるのではないかと思います。空は説明できません。説明できないものを空と表現したと言ってもいいかもしれません。
 私たちは、間違った霊的教えではなく、「空」というものを、生き方の土台にするべきであると思うのです。

霊界と生まれ変わりの真実 | コメント:0 | トラックバック:0 |

魂は実在するのか?(2)

 前回は、魂が存在するとして、魂には質量があるのかについて考えました。その結果、おそらく魂には質量がない、つまり物質ではないと考えられました。
 そして、物質ではないとすると、エネルギーということになります。
 魂は、ある種のエネルギー体なのでしょうか?
こうした見解は、スピリチュアルの世界でよく耳にします。魂とか霊というものはエネルギーなのであると。
 こうした説明は、一見するともっともらしく科学的に聞こえるのですが、実はまったく説明になっていません。
 まず、エネルギーとはそもそも何なのか、その定義から見ていきたいと思います。
 エネルギーとは、「物理学的な仕事に換算しうる量の総称」のことです。たとえば、位置・運動・熱・光・電磁気などが、この地上で見られるエネルギーです。
 ひらたくいえば、物質に何らかの変化を与える力のことです。たとえば、熱エネルギーというのは、分子(という物質)を振動させる力のことです。熱とは分子の振動だからです。電子レンジが熱を発しないのに料理を温められるのも、電磁気が分子を振動させるからです。電磁気は電気と磁気のことで、電気とは電子を移動させる力であり、磁気とは、電気的に物体を引き寄せたり排斥したりする力のことです(かなりおおざっぱな定義ですが)。
 つまり、エネルギーというのは、それ単体で出現するわけではなく、物体を通じてその存在が確認できる力のことを言うのです。
 たとえば、私たちは「力」というものを純粋に見ることができるでしょうか?
 できません。物体が運動したり変化したりするときのみ、そこに力があるんだなとわかるだけです。その力のことがエネルギーです。

 仮に、百歩ゆずってエネルギーだけが存在していたとします。
 しかし、エネルギーというものは、自然に拡散して、まとまった個体にはなりません。たとえば、火を起こせばその周辺に熱エネルギーが存在しますが、熱はどんどん拡散していきます。電球は光を放射しますが、光はどんどん拡散していきます。純粋に熱だけ、光だけが、空間の一点に集約し、個体としての形態を維持することはできません。電気も同じです。電気のかたまりなどというものは存在しません。
 したがって、魂がエネルギーであるとしたら、魂という、ある種の個体を形成することはできません。個体がなければ、「私の魂、あなたの魂」といったようなものではなくなります。境界のない、遍在的なものになるのです。
 仮に、肉体に魂というものが宿っていて、その間は個体として存在したとしても、肉体という物質から離れた瞬間に拡散してしまい、個性を失って消滅してしまいます。たとえるなら、水の入ったコップにインクを一滴たらすようなもので、最初は個体としてのまとまりがありますが、どんどん拡散して水に溶け込んで消失するようなものです。

 このように、エネルギーだけでできている体といったものは存在しません。原理的にありえないわけです。
 以上の考察から、魂には質量がある、つまり物質的な存在であるとも考えられないし、かといって、エネルギーであるとも考えられないのです。
 この世は物質か、あるいはエネルギーのいずれかの実体しかありませんから、そのどちらでもないとすると、結局、魂というものは存在しない可能性が高くなるわけです。
 では、魂というものは、高次元の実体ということになるのでしょうか?
 これについて、次回、考えてみたいと思います。

霊界と生まれ変わりの真実 | コメント:6 | トラックバック:0 |

魂は実在するのか?(1)

 霊能者や臨死体験者は、肉体から魂が抜け出すという、いわゆる「幽体離脱」の体験を報告しています。たとえば手術中に魂が抜け出して天井あたりに浮遊し、自分のからだを上から目撃するといった体験です。
 しかし、本当に魂なるものが肉体から浮遊して、その視点からこの世界を見るということができるのでしょうか?
 一説によると、人は死んだ瞬間、体重が数グラムほど減るとされています。それが魂の重さだというのです。
 もし仮にこの説が正しいとすれば、魂は質量を持った物質ということになります。しかし目には見えないので、その物質は透明ということになります。つまり、魂とは「透明人間」ということになります。
 その透明人間が、水素ガスのように軽いために天井あたりに舞い上がって、肉体を見ていることになります。
 しかし、透明人間はものを見ることができません。
 私たちがものを見ることができるのは、カメラに似た構造をもった眼球があるからです。すなわち、眼球という暗室のなかに光を感知する網膜があり、そこに像が映し出されるから、ものを見ることができるのです。しかし、透明人間であれば、すべて光を通してしまいますから、網膜に像は映りません。ですから、透明人間は盲目なのです。
 あるいは、眼球のような構造ではなく、まったく想像もつかないメカニズムで外界を見ることができるのかもしれませんが、その可能性は極めて低いです。なぜなら、特定の角度から特定のものを見るというのは、その特定の角度に入ってきた光子だけをとらえて感知しなければ不可能で、その光子だけをとらえることは、四方八方から光子が通過してしまう透明人間である限り、原理的に不可能だからです。

 ところで、幽体離脱した人は、魂のからだで、壁などもすり抜けることができるとされています。しかし、もし魂に数グラムの質量があるとすると、原理的に壁を通り抜けるのは不可能です。空気のような希薄なものであれば、壁の材質しだいでは通過できるかもしれませんが、その場合でもスイスイというわけにはいきません。しかも数グラムも質量があるとなると、空気よりずっと重いことになりますから、壁を通り抜けることは原理的に不可能です。

 さらに、魂のからだで、遠い場所に一瞬で移動することができるらしいのですが、それが文字通り「一瞬」であるとしたら、光よりも速いと考えられますが、質量を持っている限り、光の速さより早く移動することはできません。仮に光よりほんのわずかだけ遅いと仮定したとしても、数グラムの物体をそのくらいの速さで移動させるには、天文学的な巨大なエネルギーが必要となります。魂に、それほど巨大なエネルギーを生み出す器官があるのでしょうか? あるとしたら、その供給源、そのメカニズムは何なのでしょうか?
 そういうものがあるのだったら、とても重要なものであり、チャネリングなどで言及されているはずですが、私はそのような記述は見たことがありません。
 また、そのくらいのエネルギーで空間を移動したら、たとえ数グラムの質量といえども、あきらかに周囲の空間に影響を及ぼすはずです。たとえばポルターガイストのような原因不明の現象がひっきりなしに起きているはずです。しかし、そのような現象は、仮に起きているとしても、稀にしか起きていません。

 以上のように考えると、魂というものが仮に存在するとしても、質量があるとは思えないのです。
 おそらく、魂には質量はないはずです。
 質量がないということは、物質ではないということです。物質ではないとすると、エネルギーということになります。
 しかし、魂がエネルギーであると仮定しても、魂が存在するとは思えない結論に達するのです。
 次回はその点について説明してみたいと思います。

霊界と生まれ変わりの真実 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>