心の治癒と魂の覚醒

        

 スピリチュアル・エゴ


 来月に行われるセミナー「霊性進化のポイントと落とし穴」で、どのような話をしようかと準備を進めている最中なのですが、結局、霊性進化の落とし穴というものは、いわゆる「スピリチュアル・エゴ」がその土台にあるような気がいたします。
 スピリチュアル・エゴとは、スピリチュアルな事柄を利用してエゴイズムを満たそうとすることです。典型的な例としては、霊的な知識を得たり、霊的な能力が多少芽生えたりすると、自分が偉くなったように錯覚し、霊的な知識や能力がない人を馬鹿にしたり、自分は人よりすぐれていると思ったり、「あなたの波動は低い」などと決めつけたりします。拙著『真実への旅』に登場するキャサリンという人物は、このスピリチュアル・エゴを描くために設定されたキャラクターです。スピリチュアル・エゴには病的な傲慢さが潜んでいるのです。
 他にも、スピリチュアルな事柄を金儲けの手段に利用することなども、スピリチュアル・エゴと言えるかもしれません。ただし、スピリチュアルな活動によってお金を得てはいけないなどと言うつもりはありません。私自身、セミナーを開いてそれなりのお金を得たり、スピリチュアルな本を書いて売っているわけですから、人のことは言えません。スピリチュアルな活動はボランティアで行い、生活のためのお金は他の仕事で稼ぐのが理想なのかもしれませんが、現実的には他の仕事をするとスピリチュアルな活動をするほどの時間的ゆとりがなくなり、結局スピリチュアルな貢献ができなくなりますから、世の中にマイナスになると思います。ですから、他の仕事をしなくてもすむように、スピリチュアルな活動でお金を得ることは、決して間違いではないと思います。
 しかしながら、それでも社会的な良識というものがあると思うのです。インターネットなどを見ますと、私からすれば法外とも言える高額なセミナーやセッション、物品販売が溢れかえっています。二日くらいのセミナーが30万円だとか、1時間にも満たないヒーリングセッションが5万円だとか、原価数千円と思われる「波動グッズ」みたいなものが数万円で売られていたりするわけです。
 もちろん、それだけの価値があればいくら高くても「高額」ではないのかもしれませんし、実際、そのようなものにお金を払って「よかった」と思っている人もいるでしょう。そういう人が宣伝のために体験談を載せていたりするわけですが、それを読むと誰もが満足するすばらしいものに思えます。しかし実際には、満足した人はほんのわずかで、大多数の人が不満であったりするかもしれません。
 ところが、内心は不満に思っても、それを訴えない人、それどころか、「よかった」などという人が少なくないのです。それはなぜかと言いますと、ここにも巧妙なエゴの働きが関係しているのですが、高額なお金を払って価値のないものを買ったということは、そんな自分は馬鹿だということになります。それではプライド(エゴ)が傷ついてしまいますので、それを避けるために、「買ってよかった」などと、無理に思い込もうとするのです。これはフロイト学説が言うところの「合理化」と呼ばれる自我の防衛機制です。
 いずれにしろ、「スピリチュアル」というのは、エゴ(利己主義)とは正反対の世界であると思います。無私、打算のない純粋さ、誠実、無条件の愛といったものが、「スピリチュアル」というものを構築している柱ではないでしょうか。エゴというのは、それと真っ向から反するものです。
 スピリチュアル・エゴのやっかいなところは、スピリチュアルとはまるで反対のエゴイズムに染まっていながら、それに気づきにくいということ、そして自分はスピリチュアル的に偉大であるなどと、誇大妄想や高慢さに侵されてしまい、一度そのようなものに取り憑かれると、そこから抜け出すのは容易ではないということです。
 ところが、巷には、人々をそのようなスピリチュアル・エゴという落とし穴にはめこもうとするものが、意図的かどうかはともかく、溢れかえっているように思います。ですから、本当に十分な注意が必要です。
 人々をそのようなスピリチュアル・エゴの落とし穴にはめこもうとするために用いられるのが、「言葉」です。言葉のトリックを用いるのです。悪徳商法などが、こうした言葉のトリックを用いてその気にさせ、だましているわけですが、スピリチュアルな世界でも似たようなことが行われているように思われます。とりわけスピリチュアルな世界はあいまいなことが多いので、いくらでもごまかしがきいてしまいます。その「言葉のトリック」に騙されないようにすることが大切であると思います。
 言葉のトリックにだまされないためには、日頃から第三者のように自分を見つめる習慣をつけておくことです。そうすれば、言葉のトリックにだまされるリスクを大きく減らすことができると思います。

 セミナーでは、むかし大きな社会問題となった悪徳商法「豊田商事」の説明会に出席し、どのように人をだましていたかを見た私の体験、また、「私は悟りを開いた覚者である」という人と出会い、すばらしい教えを説くのでだまされそうになったが、そこからどのように「正体」を暴いていったかなどの体験を紹介しながら、「落とし穴」にはまらないためのアドバイスをする予定でいます。興味のある方は、ぜひご参加いただければ幸いです。

特別講座
「霊性進化のポイントと落とし穴」
日時:
第1回 6月9日(土)  14:00~17:00
第2回 6月10日(日) 14:00~17:00
場所:東京渋谷

 お問い合わせ&お申し込み→アルカノンセミナーズ


スポンサーサイト
心の浄化 | コメント:3 | トラックバック:0 |

7.陽気


 陽気とは、明るく楽観的であることです。心配したり取り越し苦労をせず、どのようなことにも肯定的な面を見て、前向きに考えることです。周囲を明るくほがらかにさせる雰囲気を放つことです。
 この陽気であることが、「美徳」のなかに含まれていることを、奇異に感じる人もいるかもしれませんが、陽気であることは、実は霊的レベルの高さの一端を示しているのです。
 聖人というと、暗い顔をした気難しい堅物といった印象を持たれがちですが、それは誤解です。少なくても真の聖人、すなわち高い霊的境地を開発した人は、明るく陽気でほがらかで、ユーモアのセンスさえ発揮するものなのです。ときにはおおらかに笑ったりするかもしれません。喜ばしいことはもちろん、苦労や辛いことさえも楽しもうとするでしょう。どんなときでも悲観的にならず、希望を持ち、未来を信じる心を忘れません。イエスは「明日を思い煩うな」と言いましたが、どんな状況でも絶望せず、陰気にならず、陽気に構えているのです。
 もちろん、だからといって、後先も省みず有頂天になって馬鹿騒ぎをするような世俗的な陽気さとは違います。しっかりとした理性と信念に基づく陽気さなのです。
 いわゆる「真面目で善い人」の中には、どこか暗い感じの人がいます。おそらく「自分はダメだなあ」とか「世の中はなぜこうも悲惨なことがあるのだろう」などと考えているからではないかと思いますが、暗くなっても何の得もありません。むしろ、周囲を暗くさせて人に迷惑をかけるとさえ言えるでしょう。
 あまりにも自分にとらわれていると、暗くなる場合が多いのです。自分のことばかりに意識を向けていることは、ある種の自己中心性です。そのような時間と労力があれば、もっと世のため人のために奉仕することもできるでしょう。暗いというのは、ある種のエゴイズムに由来していることが多いのです。
 高い霊的世界に昇るほど、自分のことより他者のことを考えるようになります。そして、光のエネルギーが強くなりますから、高い世界ほど「明るい」のです。自分のことより他者のことを考えるほど明るくなるのです。
 ですから、明るくならなければなりません。陽気にならなければならないのです。明るく陽気であるということも、魂の力のひとつなのです。
 そして、その「陽気の美徳」という魂の力を鍛えるために、私たちは地上にやって来たわけです。そうして、暗くなるような体験、悲観的になるような体験という「負荷」をかけ、魂を鍛える計画を立てるのです。
 その典型的な実例をひとつあげてみましょう。
 黒住教という神道系の宗教の開祖である黒住宗忠は、大変な親孝行として知られていましたが、32歳のとき、そのもっとも敬愛している大切な父と母の両方を次々に病気で失うという悲劇に見舞われ、悲しみのあまり肺結核となってしまいました。そして2年後、いよいよ死を覚悟していた冬至の朝、太陽に向かって祈りを捧げたとき、天照大神と一体となるという神秘体験をし、その後、三日間、世の中が面白おかしくなって陽気に笑い続け、病気も治癒してしまったと言います。
 そんな宗忠の教えを歌ったとされる歌があります。
「有り難き また面白き 嬉しきとみき(三つのき)を備うぞ誠なりけれ」
 有り難いという感謝の心、面白いという心、嬉しいという心こそが誠の道であると説いているわけです。これは要するに、感謝と陽気こそが真実の生き方であるということでしょう。
 こうした黒住宗忠のエピソードは、まさに「陽気の美徳」を養うために父母の死という「負荷」を自らにかけ、それによって霊的に高い境地を開拓した例ではないかと思います。もっとも大切な人が奪われるというのは、地上的な視野から見ればひどい仕打ちであり苦悩であるわけですが、霊的な視野から見れば、それは魂の進化のために訪れたという意味があるわけです。
 世の中には暗いこと、悲しいことが満ちています。その現実は直視しなければなりませんが、暗いことや悲しいことは、暗くなったり、悲しみに沈み込むために訪れるのではなく、明るく陽気な人間になるために訪れるのです。

修徳の行 | コメント:2 | トラックバック:0 |

6.超然


 8つの美徳の6番目は、超然(ちょうぜん)です。超然とは、地上世界のいかなる事物に対しても心を乱されないこと、また行為に対する結果にこだわらないことです。
 これは、欲望や感情に心を乱されないようにする「自制の美徳」や「平静の美徳」をさらに徹底させたものと言えるでしょう。どのような不都合な出来事に遭遇しても、心を悩ますことなく、悠々と、あるいは飄々としていることです。人から悪口を言われようと、誤解されて悪い評判が広まろうと、まるで他人事のように淡々とやりすごすことができる心境です。とりわけ、一生懸命に努力したのに、その結果が期待通りにいかなかった場合でも、失望したり悔しがったりしないことです。
 このような超然の美徳を養うことは、地上世界にいながら地上世界から離脱することと同じです。そのため、霊的な価値に目覚めた魂は、地上にやって来て、自らの進歩のために、あえて超然とはしていられない状況に身を置こうとするのです。そういう状況でも超然としていられるよう鍛えるためです。その典型的な状況は、無常、不公平、不条理です。なかでも不条理の経験をすることが多いようです。そのような状況に遭遇しても、超然とできるように魂を鍛えていくことが覚醒の道です。
 ここで、超然という美徳をよく示している例として、禅僧の白隠にまつわるエピソードをご紹介いたしましょう。あるとき、赤ん坊を抱いたひとりの男がすごい剣幕で白隠のもとにやってきました。男がいうには、結婚していない自分の娘が妊娠したというので、相手は誰かと尋ねたら白隠だという。その責任をとって、娘が生んだこの赤ん坊を育てろと怒鳴りつけ、赤ん坊を差し出したのです。話を黙って聞いていた白隠は、ただひとこと「あ、そう」というと、赤ん坊を引き取り、赤ん坊の世話をしました。ところがその後、娘は父親に、相手は白隠ではなく別の男であること、本当のことがいえず苦し紛れに白隠の名前を出してしまったことを打ち明けました。男は白隠のもとに行き、ひれ伏して詫びながら、どうか赤ん坊を返して下さいと頼みました。話を黙って聞いていた白隠は、ただひとこと「あ、そう」というと、その赤ん坊を男に渡したというのです。
 白隠は、なぜ最初に家に来たとき、自分には身に覚えがないといわなかったのでしょうか? 怒り狂った相手に何をいっても無駄だと思ったからでしょうか? だとしても、何もいわなければ、相手も世間も、自分の非を認めたと思うでしょう。
 しかし、聖人の伝記などを読みますと、これと似たようなエピソードがけっこう見られるのです。いっさい、言い訳をしないのです。
 悟りを開いたから、そのような心境でいられるとも言えるでしょうが、悟りを開くために(覚醒するために)、そのように超然としているべきであるとも言えると思います。しかしこれも他の美徳と同様、何と難しいことでしょうか。それでも、その難しさにあえて挑んでいかなければならないのかもしれません。超然であること、これが地上的な束縛から逃れるためには、どうしても養っていかなければならない美徳であるように思われるのです。


修徳の行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

5.寛容


 寛容とは、人の弱点やあやまちを厳しく責めたりしないこと、自分とは異なる意見を持っていても排除したりせず受け入れること、自分を傷つけたり不愉快にさせたことをゆるすことです。
 完全な存在と呼べるのは神だけであり、それ以外はすべて何らかの欠点や弱点を持っていると言ってもいいでしょう。いかに聖者や偉人、あるいは高い霊的存在(守護霊や守護神)であろうと完璧ではありません。どんな人も欠点や弱点を持っています。
 しかし、もしわずかでも欠点や弱点を持つがゆえに、その人を拒絶していたら、「愛」が生まれる余地はなくなってしまいます。高い霊的な階層ほど愛が支配されているとされますから、霊的に高い世界(境地)へ上昇するには、すなわち、覚醒するには、欠点や弱点は補い合い、長所を認め合っていかなければならないわけです。それが寛容の美徳の目的です。
 また、地上世界というトレーニングジムは、失敗やあやまちを経験することによって教訓を学び、鍛えられていく場所です。魂は、教訓を学ぶために、わざと失敗やあやまちを犯す計画を立てることもあるでしょう。したがって、失敗やあやまちを犯した人に対しては「教訓を学ぼうとしているのだな」というように考えて、その失敗やあやまちをおおめに見てあげる寛容の心が必要なのです。結局、それはお互い様だからです。自分も失敗やあやまちを犯して人に迷惑をかけながら、教訓を学んでいるわけです。そんな自分をゆるしてもらわなければなりません。ならば、人もゆるさなければならないのです。
 といっても、これも他の美徳と同様、実行するのは容易なことではありません。自分にひどいことをした相手を、そう簡単にゆるせるでしょうか?
 しかし私たちの魂は、しばしばそのような過酷で厳しい状況に身を置くことで、寛容の美徳を養おうとするのです。すなわち、ゆるしがたい相手と縁ができるということが生じるわけです。
 そういう状況でも、寛容の美徳を発揮して相手をゆるすことができたなら、魂は格段に成長するでしょう。なぜなら、寛容の美徳は、「愛」を支えるもっとも中心的な柱だからです。「8つの美徳」はどれも「愛」を支える柱ではあるのですが、寛容の美徳はそのなかで、おそらくもっとも重要です。寛容なき愛は存在しません。
 極論を言えば、他の美徳が思うように養えなかったとしても、寛容の美徳さえ養うことができたら、それだけでも地上世界にやって来た意義を十分に果たしたことになると言ってもよいかもしれません。
 魂はその重要性をよく理解しているので、地上にやってくるときには、「嫌な奴」、「憎い奴」と出会う運命を計画するのです。ですから、そうした人と出会ったときには、嫌ったり避けたりするのではなく、覚醒修行を志す者としては、寛容の美徳を養う有り難いチャンスなのだと考えるようにするべきではないかと思います。もちろん、そう考えること自体が、寛容であること以前に難しいのですが、修行というものは、もともと難しいことをしようとすることなのです。


修徳の行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

4.謙虚

 8つの美徳の4番目は、「謙虚」です。
 謙虚とは、自分は偉くて優秀であるなどと自惚れたり、人を見下して高慢になったりせず、常に相手を尊重する慎み深い柔和な姿勢のことです。このように謙虚であるということは、それだけエゴが少ないことを示しており、愛と霊性が育つ土壌が整備されていることを示しています。すなわち、謙虚の美徳ほど、人を進化させ向上させる資質はありません。謙虚の美徳は、とりわけキリスト教では非常に重んじられています。

 高い霊的な世界ほど、非利己的になり、「助け合い」の関係が強くなってきます。ですから、そこでは自分のことを考える必要がありません。自分のことは他者が考えてくれるからです。そうして、究極的には完全に他者のことだけを考える(思いやる)ようになります。それが魂の成長であり、つまりは覚醒に至る道ということになります。
 利己主義が優勢を占める地上世界では、他者が(無条件に)自分の利益を考えてくれることはほとんどないでしょう。それどころか、利益を搾取しようとたくらんでいる人さえ少なくありません。そのために、どうしても自分の利益を中心に考えなければやっていけなくなるのですが、これは物質的な利益に限らず、精神的な利益でも同じです。
 精神的な利益とは、自己優越感やプライド、虚栄といったものです。要するに自分を認めてもらいたいという欲求を叶えようとするわけです。これが過剰に発揮されたのが、いわゆる高慢や傲慢と言われるものです。裏を返せば、自分を認めてもらうために高慢になるわけで、それは自分に対する自信が欠如して虚しさを抱いているからです。ですから、自分に自信がある人ほど高慢になることはなく、謙虚なのです。
 謙虚であるということは、高い霊的世界の特徴である「助け合い」の関係性を築くためには、必要不可欠の要素です。謙虚さと霊的レベルの高さは比例していると言ってもよいでしょう。
 魂は、この謙虚の美徳を養うために、地上にやって来て、「負荷」をかける目的で、あえて自惚れや高慢の気持ちを起こさせる状況に身を置くのです。現象的には、いわゆる「成功」の体験です。物事がうまくいき、「そうなるのも自分がすぐれているからだ、偉いからだ」とつい思ってしまうような体験を計画するのです。
 しかしそれは、非常な危険を伴う計画です。一歩間違うと、高慢さを増強させてしまうかもしれないからです。そうなると魂は退歩し、高い霊的世界が遠のいてしまいます。
 辛い出来事に負けないのも難しいものですが、自惚れや高慢の誘惑に負けないのも、非常に難しいものです。人間はつい、物事がうまくいき、成功し、恵まれると、自惚れたり高慢になったり、他者の気持ちに鈍感になったり、不誠実になったりしてしまいます。かなり成長した魂だけが、そうした恵まれた環境にあっても謙虚であり続け、他者の気持ちに敏感で、思いやりと誠実さを貫くことができると言えるでしょう。
 謙虚のふりは比較的簡単にできますし、実際、謙虚のふりをしているのに自分は謙虚であると思い込んでしまうこともあるでしょう。言うまでもありませんが、本当に謙虚な人は「自分は謙虚だ」とは思っていません。
 あるいは、まったく反対のことを言うようですが、本当に謙虚な人は「自分(エゴ)」を離れていますから、自分自身を客観視することができ、その結果、自分は謙虚であると思うなら、「私は謙虚です」と正直に言うでしょう。そんなことを口にする人は、逆に高慢に感じられますが、必ずしもそうではないのです。このように、謙虚さというものは、つい錯覚を起こしやすいので注意深さが必要です。
 いずれにしろ、謙虚の美徳を養うにつれて、ますます神との距離が縮まってきます。その結果、自分の才覚といったものを超えた能力を発揮できるようになってきます。

修徳の行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

3.平静


 平静とは、何があっても心を乱されることなく、常に安定した平安な心境でいられることです。怒り、悲しみ、嫉妬、不安、恐怖、その他、不愉快なことや、煩わしいことがあったりしても、動揺したり取り乱したりせず、波立つことのない湖面のように、心静かにいられることです。また、喜ばしいこと、愉快なことがあった場合でも、我を忘れるほど有頂天になることなく、冷静でいられることです。このように常に平静さを保つことで、人は高い次元の存在と結ばれ、守護と導きを受けやすくなるのです。
「自制の美徳」が欲望を支配する美徳であるとすると、この「平静の美徳」は、感情を支配する美徳ということになるでしょう。といっても、感情が動かないロボットのような人間になることを意味しているわけではありません。感情が暴走しないようにするということです。
 欲望に振り回されることで、人生の大きな失敗をすることがあると同様、感情に振り回されて大きな失敗をすることもよくあります。怒りなどの一時的な感情に駆られて人間関係をダメにしてしまったり、不安や恐怖のため必要以上に臆病になってチャンスを逃してしまうといったことがあるわけです。
 このように感情に振り回されてしまう理由は、地上的な事物への執着があるからです。執着も愛着もなければ、私たちは無関心なはずで、それがどうあろうと心が乱されることはないでしょう。たとえば、好きな人から冷たくされたら動揺するでしょうが、関心のない赤の他人から冷たくされてもそれほど動揺しないでしょう。愛するものを失えば悲しいでしょうが、愛していなければ、失っても悲しくはないでしょう。
 また、自我に執着がなければ、嫉妬したり、プライドが傷つけられたといって怒りや不満を覚えることもないはずです。
 ただ、感情のなかでも、不安や恐怖の感情は、なかなか消えないものです。なぜなら、それらは根源的には肉体に対する執着から来ているからです。いわゆる自己防衛本能に由来するためです。この本能があるからこそ、私たちは危険から身を遠ざけようとする(死を避けようとする)わけですが、同時にこれは不安や恐怖の感情を誘発させる原因ともなっているわけです。
 ですから、肉体に対する執着を捨てることができれば、不安や恐怖からも解放されることになるわけです。たとえ完全には難しいとしても、肉体に対する執着を捨てていくことで、不安や恐怖によって心を乱されることが少なくなってきます。肉体は地上的な事物に属するものですから、結局、地上的な事物への執着によって、感情が乱されてしまうのです。
 したがって、平静の美徳を養うとは、見方を変えれば、地上的な事物への執着を捨てていくことを意味しているわけです。
 また、平静でなければ、本当の愛が育ちません。「愛」というと情熱的なイメージがあるかもしれませんが、霊的な世界の愛は、地上的な興奮の要素は排除されていますから、静かで深いものであるように思われます。高い霊的世界の愛は「執着なき愛」であり、それは平静の美徳を養うことで発揮できるようになるのです。
 さて、このような平静の美徳を養うには、感情を乱すような環境に身を置いて負荷をかけていく必要があります。そのような環境でも平静でいられるようにすることで、魂は鍛えられていくのです。そのために私たちは、地上にやってきたのです。
 地上は、心を乱す要素に事欠きません。さまざまなことで、いつも私たちの心はかき乱されます。なかでも強烈なものが、無常、不公平、不条理です。この3つを体験することほど不愉快で煩わしいことはないでしょう。しかし、そのような中でさんざん揉まれることにより、魂の力が鍛えられ、平静の美徳が育っていくのです。
 ですから、いかなる状況や事態が訪れようと、覚醒をめざす私たちは、心を乱されないようにし、常に平静で落ち着いた態度を保つように努力していかなければなりません。そのために、平静の美徳が求められるのです。

修徳の行 | コメント:4 | トラックバック:0 |

特別講座開催のお知らせ


 ホームページではすでにご案内させていただいておりますが、「霊性進化のポイントと落とし穴」というテーマで、特別講座を開催することになりました。

テーマ:
「霊性進化のポイントと落とし穴」
日時:
第1回 6月9日(土)  14:00~17:00
第2回 6月10日(日) 14:00~17:00
場所:
東京渋谷のアルカノン・セミナーズ

 東京渋谷にあるアルカノン・セミナーズでは、これまで「覚醒プログラム」と題して、覚醒修行の方法についての講座を3回ほど開催してきましたが、今回はその内容を補足する意味を持たせています。しかし初めての方でも十分理解できる構成となっています。
 長い間このテーマについて研究をしてきて、最近つくづく思うことは、「心の浄化」ということが、瞑想などのテクニックよりも大切であるということです。というより、瞑想などのテクニックは、心の浄化のためにあるといってもいいでしょう。
 そうした重要なポイントを頭に入れず、瞑想の行法は熱心に行うが、心の浄化には無頓着であるとしたら、瞑想をしても何の役にも立たないばかりか、へんな方向にそれてしまう危険さえあると思います。
 今回の講座では、なぜ心の浄化が大切なのか、その理由を霊的な視点から考察し、心の浄化法についての具体的な方法を中心にご紹介する予定です。
 現在、修行の道を歩んでおられる方、また、これから歩もうとされている方の大きな参考にしていただける内容にしたいと思っています。
 ご都合よろしければ、ぜひご参加ください。
 よろしくお願い申し上げます。

 お問い合わせ&お申し込み→アルカノン・セミナーズ(【特別講座】→【霊性進化のポイントと落とし穴】)

お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |