FC2ブログ

心の治癒と魂の覚醒

        

覚醒することの大切さ

 まずはご報告とお知らせから。
 イデア ライフ アカデミーの哲学教室第4回を、2月2日と3日に行いました。テーマは「ヨーガの解脱理論」。
 ヨーガ(ヨガ)というと、ストレッチのような運動と思われているふしがありますが、実は「解脱」を目的とした宗教なのです。ヨーガのすぐれている点は、心を浄化するための肉体の修練法があることです。というのも、肉体と心とは不可分の関係があるからです。ヨーガの教えは合理的で理性的であり、いわゆる「宗教臭さ」がありません。そのため、おそらく現代人(とりわけ日本人)にとって、もっとも適した「宗教」と言えるのではないかと思います。
 そんなヨーガが説く「解脱の哲学」を解説しましたので、その一部をダイジェスト版でぜひご覧になってください。やや難しく感じられるかもしれませんが、非常に興味深い理論が展開されています。
https://www.youtube.com/watch?v=DF3lAlGt6r4&feature=youtu.be
 イデア ライフ アカデミーの瞑想教室は、基本的にヨーガと禅の瞑想法を主軸にしています(次回の瞑想教室は2月16日と17日です)。毎日コツコツと瞑想を続けることで、自分自身と人生に変革をもたらすことができます。そして、効果的に瞑想を行ううえで、ヨーガの肉体的修練が非常に役立つのです。健康や美容、若々しさといった面においても、絶大な効力を発揮します。毎日ほんのわずかな時間でもいいので、ヨーガの行を実践することをお勧めします。
 瞑想を段階的に楽しく学びたい方は、ぜひイデア ライフ アカデミーにいらしてください。
 詳細↓
 http://www.interq.or.jp/sun/rev-1/

 それからもうひとつのお知らせですが、ツイッターを始めました!
 ペンネームは「ファウスト博士」です。
 https://twitter.com/faust_academy
 今日の私の活動の原点となった、今から30年以上も前の本『ファウスト博士の超人覚醒法』(学研)、およびその後の『真実への旅』(サンマーク出版)に登場する謎の指導者「ファウスト博士」の言葉として、霊的求道のヒントになるような言葉を、おりにふれて発信していきたいと思っています。

 では、本題に入りたいと思います。
 皆さんもご存じと思いますが、最近、児童虐待のニュースが注目を浴びています。10歳の女の子が、父親による暴力を受けて死んでしまいました。ニュースによると、父親が娘を虐待する様子をスマホで撮影した記録が残っていたそうです。いったいなぜそのような光景を撮影したのかはわかりませんが、何か猟奇的な異常性が感じられます。だいたい、無力な少女に対し、死に至らせるほど執拗な暴力をふるうこと自体が、まともではありません。父親は「しつけ」だと主張しているようですが、自身の暴力的衝動をごまかすための言い訳にすぎないと思います。この父親は妻に対しても暴力(DV)をしていたといいます。
 今回の事件は、決して例外的な特殊なものではありません。統計によれば、およそ二週間に一人の割合で、親による虐待によって子供が殺されているのです。
 自分の子供を殺した親は、いつか自分の犯した罪深さに気づき、慄然として後悔し、恐ろしい良心の呵責に苦しむ日が訪れるのでしょうか。
 そのとき、親はこう思うに違いありません。「自分はどうかしていた」と。攻撃性という衝動のせいで、精神状態がまともではなかったのです。

 以上の例は極端ではあるとしても、私たちは無意識のうちに、衝動によってあやつられ、ときにそれがまともではない行為に走らせています。
 後になってそのことに気づき、後悔して「自分はどうかしていた」と感じます。そのとき人は「我にかえった」という感覚を持ちます。
 この「我にかえった」という感覚、状態こそが、「覚醒」ということになります。今までは(本当の)我ではなかったということです。
 ですから、私たち人間は、とにかく覚醒するということが、非常に重要になってくるのであり、人生の最優先事項であると、私は思っているのです。覚醒とは本来の自分にかえることです。覚醒をめざさなければ、子供が虐待によって殺されるという悲劇はなくならないでしょう。

 覚醒の段階は、おそらく無限にあります。覚醒した、すなわち「(本来の)我にかえった」と思っても、しばらくすると、さらなる本来の我が存在していることに気づくのです。そうして人は、何回も何回も繰り返して「我にかえる」という経験をしていきます。そうしておそらく究極的には、魂と呼ばれる意識に立ち返っていくのではないでしょうか。
 しかし、意識的に覚醒をめざしていない人の場合、その「我にかえる」というペースが、あまりにも遅くなってしまいます。輪廻転生の思想が本当だと仮定するなら、それこそ今後、何生も、何十生も、もしかしたら、何百生も、繰り返し繰り返し地上に生まれ変わってこなければなりません。つまり、それだけ罪深い行いをしたり、悲劇を招いたりして、後悔の苦しみを味わわなければならないということです。
 果たして、そのような「偽りの自己」の人生を、何回も何回も送ることが、幸せだと言えるでしょうか?
 私は幸せだとは思いません。
 そのことを、身に染みて感じた人が、覚醒への道を歩むようになるわけです。
 この地上世界は「強制収容所」のようなものだと私は思っていますので、そのような不自由な束縛された状態から「脱走」するために、覚醒の研究をしながら、同じ志を抱く人に、多少なりともお役に立てればと思って、こうして文章を書いたり、教室で教えたりしているのです。

スポンサーサイト



人生をどう生きるか | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |