FC2ブログ

心の治癒と魂の覚醒

        

自分が本当に求めているもの


まずはご報告とお知らせから。
 先日7月6日/7日のイデア ライフ アカデミー哲学教室は、「グルジェフ 人と思想2」を行いました。好評のグルジェフ・シリーズの第二弾です。
 グルジェフの思想は奥が深くて、そう簡単に理解できるものではないのですが、彼が弟子に語った次の言葉が、彼の教えの根底にあるように思われます。この言葉はグルジェフの人間としての懐の深さを示した、とても感動的なものであると思います。ダイジェスト版にも収録されていますが、以下、紹介してみます。
「ほんとうの人間は、苦悩が人間にとって正常なことであるのを知っているから、苦悩を受け入れる。人間は自身について真実を知るために苦しまなければならない。意志をもって苦しむことを学ばなければならない。苦悩が来るとき、意図して苦しまなければならない、存在全部で感じなければならない、そういう苦しみが、意識を持つことや理解することを助けるということを願わなければならない」↓
 動画「グルジェフ 人と思想2」(ダイジェスト版)

 グルジェフ・シリーズの三回目(最終回)は、9月7日/8日となります。
 次回のイデア ライフ アカデミーは、7月20日/21日、瞑想教室第8回「瞑想を成功させる正しいモチベーション」を行います。何をするのでも同じと思いますが、特に瞑想をする際には、正しいモチベーションを持つことが絶対的に重要になってきます。正しいモチベーションで行わなければ、効果がないどころか、邪道に陥ってしまうからです。参加ご希望の方は以下のホームページから。↓
 斉藤啓一のホームページ

 では、本題に移ります。
 私たち人間の不幸や苦しみの、最大かつ根本的な原因は、結局のところ、「自分が本当に求めているものが何かわからない」という点に尽きると思います。
 私たちは、生まれてからこれまで、親の影響や社会の影響、マスコミの影響などで、本当は欲しくもなく、求めてもいないものを「これが欲しい」と”思わされて”、それを求めているのです。そうして、莫大な人生の時間と労力とを、欲しくもないもののために浪費しているのです。
 たとえば、高級車が欲しいとしましょう。そのクルマのデザインや性能が気に入って買うのなら問題はありません。しかし、高級車に乗ることで「人から認められたい」という動機であれば、本当に欲しいのはクルマではなく、「自己肯定感」ということになるわけです。そういう人が高級車を手に入れたら、しばらくは自己肯定感が高まったように感じるかもしれませんが、じきに色あせてしまいます。自分よりもっといいクルマに乗っている人もいますし、また、クルマ以外のことになると、やはり自己肯定感が満たされないからです。そうして今度は、ブランドの高級バッグだとか、大豪邸といったものを欲しがるわけです。それらが何もかも得られればまだいいのですが、普通、そのようなことは無理です。結局、自己肯定感の低さで苦悩することになるのです。
 高級車だとかブランド品といった「モノ」では、自己肯定感を得ることはできません。そのことに気づかず、憑かれたようにモノを求める生き方は、奴隷のようなものです。欲しいのは高級車だとかブランド品ではなく、自己肯定感だということに、早く気づくことが大切になってくるのです。

 では、「自己肯定感」は、どのようにすれば得られるのでしょうか?
 自己肯定感とは「自分には価値がある」という実感のことです。それを得るには、人からの賞賛が必要であると思いこんでいます。そのために、モノやカネを獲得したり、名声を獲得しようとして欲望を燃やすのですが、いくらそのような欲望を追求して、たとえその欲望が満たされたとしても、自己肯定感を得ることはできません。せいぜい、一時的にそれが得られた錯覚をするだけで、すぐにまた虚しくなるでしょう。
 他者からの賞賛では限界があるということです。他者から自分を肯定されることには限界があるのです。したがって、「自分で自分を肯定できるようになること」、これが重要になるわけです。外側に解決策はありません。内側、つまり心の世界に解決策があるということです。

 これは、自己肯定感の問題だけに限りません。
 私たちは、自分の外側、すなわち外的環境が自分の都合のいいように変われば、幸せになると思っているのですが、これは錯覚なのです。外的環境が自分の都合のいいように変わっても、人間が求めているものは外側には存在しないからです。第一、外的環境は自分の都合のいいように変わりません。変わることもときにはありますが、変わらないことの方が圧倒的に多いです。ですから、二重の意味で不毛なことを、私たちは行っているのです。
 このような、不毛な外的環境に可能な限り依存しないようにすること、そして、外的環境に影響されない内的環境を確立すること、これが、「私たちが本当に求めていること」ではないかと思うわけです。

スポンサーサイト
人生をどう生きるか | コメント:6 | トラックバック:0 |
| ホーム |