FC2ブログ

心の治癒と魂の覚醒

        

人は誰も<本当の我>で生きていない


 今までさんざん間違った生き方、悪い生き方をしてきて、そのことに気づき、心の底から反省したとき、その気持ちを、こんな言葉で表現することがあります。
 「我にかえった!」
 我にかえった、ということは、今までは<本当の我>ではなかった、ということになります。いわば、<ニセモノの我>で、生きていたわけです。ニセモノの我が、間違った生き方をし、悪い生き方をしてきたということです。ニセモノの我に支配されていたとも言えるでしょう。
あくまでも自分自身の考え、自分自身の意志によって決断し、自由に行動していると思い込んでいたのが、実は、<ニセモノの我>が決断し、行動していたわけです。「我にかえった」という経験をするまでは、その事実にまったく気づかないのです。
 ところで、あなたは今、<本当の我>で生きていますか?
「自分は何も間違ったこと、悪いことはしていないから、本当の我で生きている」
 このように思われるかもしれません。
しかし、ここで注意しなければならないことがあります。
 それは、正しいとか善いという評価は、あくまでも相対的なものだということです。つまり、絶対的な正しさとか、絶対的な善といったものは存在せず、何かと比較して「正しい」とか、何かと比較して「善い」と言っているにすぎません。ある状態が正しいと思っても、さらに正しい状態が存在し、さらに善い状態が存在するのです。
 ですから、さらに正しく、さらに善い<我>が存在する、ということになります。
 そして、さらに正しく、さらに善い<我>から見たら、今まで正しくて善いと思っていた<我>は、正しくない、善くない<我>に変わってしまうわけです。
 そのとき人は、より本当の<我>に気づいて、「我にかえった!」と言うのです。
 したがって、たとえ今あなたが、<本当の我>で生きていると思っても、それは錯覚にすぎません。さらなる<本当の我>が存在し、その先にもさらなる<本当の我>が存在するからです。この連鎖が、永遠に続いているのです。より本当に近い<我>から見たら、今あなたが<本当の我>と思っているものは、<本当の我>ではないのです。
 要するに、誰もがみんな、大なり小なり<ニセモノの我>で生きているということです。

 ここでは、<ニセモノの我>のことを「エゴ」と呼んでいます。
 人間というものは、エゴを脱ぎ捨てて「我にかえる」という経験を、何回も何回も重ねながら、<本当の我>に向かっていく存在なのです。
 たとえるなら、ヘビが脱皮を繰り返しながら成長していくようなものです。エゴという皮をどんどん脱皮させていくのです。いつまでも古い皮をまとっていたのでは、からだは大きくなれません。成長・進化し続けるために、エゴという皮をどんどん脱ぎ捨て、<本当の我>に近づいていく存在、それが人間であり、この地上に生きている目的です。
 この「我にかえる」という経験が、いわゆる「悟り」とか「覚醒」と呼ばれているものです。すなわち、より本当に近い<我>を、覚醒し続けていくために、私たちは生きているのです。
 悟りや覚醒に「ゴール」は存在しません。<本当の我>というものは、永遠に進化し続ける生命だからです。「永遠に進化し続ける」のですから、悟りも覚醒も永遠に続きます。「これで最後」というゴールはないのです。悟ったと思ったら、さらなる悟りが待っているのです。目覚めたと思ったら、さらなる目覚めが待っているのです。

スポンサーサイト



エゴを消滅する方法 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |