心の治癒と魂の覚醒

        

 苦行について

 覚醒するために、苦行は必要なのでしょうか?
 ご存じのように、釈迦は苦行を否定しました。釈迦自身は、6年間、ほとんど断食して苦行をしましたが、悟りを得られず、苦行をやめて牛乳で煮たお粥を食べ、菩提樹の下で瞑想して悟りを開いたと言われています。このとき、釈迦の修行仲間たちは、苦行を放棄した釈迦を軽蔑して去っていったといいます。
 インドなどに行くと、片足を木につるしたまま生活するとか、頭を泥のなかに埋めるとか、何年もからだを洗わないとか、さまざまな苦行に励む人がいるようです。
 キリスト教神秘主義でも、苦行が行われます。断食が主なものですが、なかには馬の毛で編んだ下着を着るという苦行もあります。チクチクしてかなり不愉快な着心地のようです。また、有名なアッシジのフランチェスコなどは、食べ物に灰をかけて、わざとまずい味に変えて食べたとされています。
 いずれにしろ、こうした行者が行う苦行は、しばしば健康や生命を損なうほど過激になることが珍しくありません。先ほど紹介したフランチェスコは、彼の弟子であった女性神秘家のクララが苦行をしたいといったとき、苦行を禁じています。実際、過酷な苦行のために体をこわしたり、寿命を短くしたと思われる神秘家がけっこういたので、フランチェスコは、行きすぎた苦行には否定的だったようです。

 ところで、そもそも苦行をすると、どのようなメリットがあるのでしょうか?
 ひとつの考え方は、苦行によって過去の悪しきカルマを積極的に浄化しようとしているようです。つまり、本来なら悪しき運命によってカルマは浄化されるのですが、そのような運命の訪れを待たず、自ら苦しんでカルマを浄化させようとするらしいのです。
 次に、キリスト教系の修行者の場合は、イエス・キリストが味わった十字架上の苦しみを自分も味わうことにより、よりイエスに近づこうという理由もあるようです。また、とにかく苦しむことで、罪が清まるという考え方もあります。
 ヨーガなどでは、苦行によって生命エネルギーが強化されると考えられているようです。
 その他、苦行によって欲望を消そうとしたり、忍耐力や不動心を養うといった意義があるとされています。
 ちなみに、インド系でもキリスト教系でも、「病気で苦しむことは最高の修行である」と言っています。病気はカルマや罪の浄化という意味があり、肯定的に考えられているわけです。

 私の経験から言うと、病気に限らず、どのような苦しみであれ、それを平静に受け入れてじっと耐え、その苦しみが消えたときには、浄化された気持ちになることは確かです。それでカルマまで浄化されたのかどうかはわかりませんが、こうした浄化された気持ちで瞑想をすると、以前よりも安定して深い瞑想ができるような気がします。また、欲望に対する自制心、忍耐力や不動心なども高まるような気がします。そうしたことは、確かに修行を安定して力強く歩んでいくうえで、大きな効果があると思います。
 したがって、私としては、苦行は必ずしも否定はしません。覚醒するために苦行は絶対に必要だとは思いませんが、適切な苦行は修行を促進させることは確かだと思います。
 ただしもちろん、体を壊すほどの苦行はいけないと思います。

 私たちができる範囲での苦行として、もっともいいのは、やはり断食ではないかと思います。といっても、仕事に支障のない限りの断食ということになりますから、休日の土日を利用して、二日間程度が限界ではないでしょうか。しかし、二日間といえども、その効果は思ったよりすばらしいと思います。
 私も若い頃はときどき断食をしていました。最長で二週間したことがあります。断食をすると毒素が排出されて血液が浄化されるため、まず何よりも健康によく、頭もすっきりとします。
 その後、しばらく断食はしていなかったのですが、久しぶりに、今年の正月、二日間の断食をしました。二日くらいですと、普段通りの生活をしながらでも行うことができますし、危険もないでしょう。二日くらい断食してもたいした効果はないかなと思っていたのですが、けっこう心身が浄化された感じになり、頭もすっきりして、視力なども少しよくなるなど、予想したよりもいい効果がありました。食事にしても、あまり体によくないものを食べたいという気も起こらなくなったり、忍耐力がついて、気分が乗らずに修行をさぼりたくなる気持ちにうち勝つような精神的たくましさも強くなったような気がします。
 実は、このブログを書いている今も、断食をしています。初日ですが、朝から何も食べていません。ただ、果物と野菜のジュースだけは飲んでいます。やや体のだるさや空腹感はありますが、我慢できないほどではありません。二日間行う予定です。
スポンサーサイト

肉体の改造 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<お知らせ 覚醒プログラム・セミナーが開催されます | ホーム | 性とスピリチュアリティ>>

コメント

野菜と果物オッケー、ただのベジタリアン
2011-11-26 Sat 12:38 | URL | でぶ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |