心の治癒と魂の覚醒

        

 原発に関する私の考え

 福島第一原発の事故に絡んで、原発廃止の運動が高まりつつあります。
 ここで、原発に関する私の考えを申し上げたいと思います。といっても、このブログは覚醒の情報を提供することにあるので、「原発問題に対する人々の意識」が、覚醒とどう関係しているか、という視点を土台に据えたいと思います。
 また、私は原発やエネルギー問題について、それほど深く研究したことがないので、あるいは事実誤認があるかもしれませんから、そのつもりで耳を傾けて下さい。

 まず、原発問題を語るときは、冷静にならなければならないということです。
 しかし、原発推進派も否定派も、ある種の宗教のようにヒステリックな傾向があり、たとえば私がここで「原発は必要だ」などといって否定派の人たちと議論を始めると、ついには罵詈雑言をぶつけあい喧嘩になるのではないかと思います。たとえば、原発問題をむかしから追求してこられた広瀬隆さんなどは、テレビで、枝野長官のことを「あの傲慢な枝野」と言ったり、テレビで解説している学者を「彼らは技術者じゃないからわからない。現場を知らない人間が空論を語っているだけ」と決めつけたりしている態度などは、その端的な現れではないかと思います。実際には学者のなかにも技術者出身の人がいると聞いています。たとえ枝野長官の言行が気に入らなくても、傲慢呼ばわりし名前を呼び捨てにする態度は、どう考えても冷静であるとは思えません。こうしたヒステリックな態度では、原発問題を考えるにしても、まともに考えられるとは思えないのです。

 原発などという、あんな危ないものは、ない方がいいに決まっています。
 しかし、原発否定派の人は、もし仮に原発がなくなったらどうなるかということを、どれだけ人々に訴えているでしょうか?
 原発がなくなったらどうなるかを私なりに考えてみましたが、それに代わるのは、現在のところ火力です。火力には二つの大きな問題があります。ひとつは石油を使う点です。いずれ石油は枯渇しますから、どのみち他の発電を考えなければなりません。今の技術と日本の経済力では、これを太陽パネルや風力でまかなうことは難しいと思います。そうなると、どのみち原発に依存せざるを得なくなるのではないかと思います。
 また、石油に依存していると、もし有事などがあって石油の供給が断たれた場合、どうしようもありません。たいてい戦争というものは、食料かエネルギーが断たれたときに起こるものです。ですから、やや極論かもしれませんが、戦争が勃発する可能性を高めることにもつながりかねません。有事がなくても石油は枯渇に向かって進んでいるのですから。

 さらに、火力は原子力よりお金がかかりますから、ただでさえ落ち込んでいる日本経済に大きな打撃を与えます。これは単純に毎月の電気代が値上がりするといったことではありません。電気を使わない仕事などほとんどありませんから、すべてのものが値上がりすることになります。失業者は町に溢れ、消費税は膨大に増加し、たとえそうしても、社会保障ができなくなり、たくさんの人がホームレスになるかもしれません。
 そうなると、一部のお金持ちしか生活水準が維持できなくなります。しかしそうしたお金持ちも収入源は庶民のお金ですから、庶民が貧しくなれば、そのうち自分も貧しくなってきます。こうして国全体が衰退します。娯楽や贅沢なものは手に入らなくなり、現在、発展途上国の人たちが安い賃金で工場で働いて作った品物を海外に輸出しているような状態に、日本もなってしまうかもしれません。
 果たして、一度贅沢を覚えた私たち日本人が、そのようなストイックな生活に耐えられるでしょうか? 恐怖にかられて西の方に逃げたり、買い占めをするような耐性の低い私たちに、そんな生活が耐えられるとは思いません。やがてこう言うのではないでしょうか。「あのときは千年に一度の稀な災害による事故だった。今は技術もしっかりしているし、絶対に大丈夫だ」。そして、原発復活の世論が盛り上がり、結局また、原発が復活するのではないかという気もするのです。
 そして何よりも、火力発電の大きな問題は、二酸化炭素の排出による地球温暖化を促すことです。もしこのまま地球温暖化が進行したら、地球的な規模の災害は、チェルノブイリや福島の原発事故など比較にならないほど大きなものになるでしょう。

 ところで、現在、原発から生じる電力そのものは、全体としては実はかなり余っているのです。つまり、こんなに原発を造る必要はないといえばないのですが、その原因のひとつは、経済効率です。すでに述べたように、火力はお金がかかるのです。それと、電力の供給はピーク時に設定されていることも理由にあるでしょう。つまり、夏場など、ほんの一時的に高まる電力のために原発が造られているのです。全体としては、電力は余っているわけです。もし電力の供給を一定量におさえることができるなら、原発はこれほど多くは必要ないでしょう。これはある程度、私たちのライフスタイルを変えることで可能だと思います(現にそういう動きがあります)。
 また、日本のすべての発電所が共有され、足りている地域の電力を足りていない地域に流すことができればいいのですが、関西と関東とでは電気の周波数が違うのでできません。膨大なお金をかけて変換器を造れば別ですが、たとえそうしたとしても、電線を伸ばすとそれなりに電力ロスが生じてしまいますので、結局は実用的ではないのです。

 さて、以上のように考えますと、原発をなくしたからといって、すべてがバラ色になるわけではないのです。それ相応の代償を覚悟しなければならないわけです。このことをよく理解した上で、原発に反対するならいいと思います。「あのときは原発に反対したが、こんな生活をするくらいなら、原発があった方がよかった」などと、後になって言わないようにすることです。
 かといって、原発をこのまま放置しておけば、いつかまた今回のような大事故が起こることは、まず間違いありません。フランスは原発大国ですが、フランスは地震などほとんどありませんから、有事や人為的な事故さえなければ、災害の可能性としてはかなり低いかもしれません。しかし、日本のような地震大国に、原発がこんなにもあるのは、それこそ広瀬さんが言われるように、私たちは「時限爆弾」を抱えながら生きているといっても、決して大袈裟ではないと思います。

 結局、私なりに結論を言いますと、悲観的になってしまうかもしれませんが、原発があっても、原発がなくても、先に待っているのは苦難なのです。よほど革新的な技術でも生まれない限り、人類の未来は明るいとは言えないと思います。
 私個人としては、すべての原発を廃止するのではなく、危険な場所に建設されている古い型の原発を、とりあえず早急に廃止するべきだと思っています。それによる日本経済の衰退は避けられませんが、仕方がないと思います。
 私たちは今、ライフスタイルの根本的な見直しを迫られているのだと思います。
 価値観を完全に改めて、なるべく物質に依存しない幸福を求めるべきではないでしょうか。
 もしも、1960年代くらいの質素な生活をすることができれば、原発もこれ以上の火力発電も必要ありません。そこには、シャネルだのグッチなどといったしゃれたブランドもなく、海外旅行などもめったに行けず、高度な電子ゲームなどもなく、ネオンのまぶしい繁華街などもありません。昼間、人々のほとんどは畑や工場、商店で働き、家に帰れば食事をして家族と語り、扇風機で涼みながら本でも読んで、あとは寝るといった生活です。
 しかし、こんな生活ができるでしょうか?
 もしできるとすれば、それは人々が物質的な世界ではなく、覚醒という精神的な世界に価値を見出すようになったときだと思います。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< 合理的な希望を抱く | ホーム | いつかこう尋ねられたときのために>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |