心の治癒と魂の覚醒

        

『地球卒業者「18人」の過去生』の研究 ⑰


 17.賢者(32歳男性/会計教師)
 今回のケースは、今まで考察してきたものと比較するとやや異色です。というのは、今までのように、愛や奉仕という、地球卒業に必要不可欠な資質が、それほど発揮されていないからです。この人は、抽象的な概念、とりわけ数に関する概念に没頭する研究者タイプであり、愛や奉仕といった言葉から感じられる情愛的な性格の持ち主ではないようなのです。
 リーディングは、占星術との関連において、次のように語っています。少し長くなりますが紹介してみます。
「水瓶座の影響力から来る才能を見ると、この人は特に航空機や船舶建造に関する数理計算に自分を応用することがこれまでにもできたし、今後もできるだろう。この人は水と風に関係する元素と関わるものであれば、抜きん出た建造者になれる。木星と海王星の影響力が研究願望と孤独願望をそそっているが、その人生は人間と関係する状況で満ちている。人と物の両方がその人の興味をそそっている。物々交換や販売にはほとんど関心がない。毎日の生活に必要なものを手に入れるため以外、金銭はその人にほとんど意味を成さないのである。この人の好き嫌いについて言うと、これらは明らかに矛盾し合っている。というのも、愛情あるいは愛がその人生を支配していながら、ある方向以外ほとんど愛情が表されていないからである。この人にとって友情は強い力を持っている。嫌う気持ちも強いが、この場合、あたかも嫌う相手かグループが存在しなかったかのような態度をとっている。この人は宿命論者ではないが、そのとる行動は彼の信念が宿命論であるかのように人に思わせるところがある。むしろ、全体愛がこのような状況を作り出しているのである。数学面での能力開発が究められてゆくに従い、その人は特に神秘主義、それも数の神秘主義に関する研究で、多くの進歩をものにするようになるだろう。
 これはその人にとって非常に価値あるものとなる。その人は占星学ばかりか、天文学やそれと関係する数の研究によって、自分をも人をも助け、このような真理を個人的に応用してゆく中で、数霊を使いこなす占星学者になるだろう。占星術を通してだけではなく、より深い意味での数霊学を通してである。これらが、その人の関心を寄せる要因だ」

 過去生としては、例によってエジプトに生まれています。このとき、「宇宙の星々に関係させて数論を研究した最初の人」であるとリーディングは語っています。おそらく、ある種の天文学の研究をしていたと思われます。
 次にエルサレム、ベツレヘムにやってきた、いわゆる「東方の三博士」のひとりだったと言います(彼らは同時に占星学者だったとされています)。そして、イエスが誕生したとき、幼子イエスに乳香をさしあげたのがこの人だったそうです。
 最後に、十字軍遠征時代のイギリスに生まれました。ここで彼は僧侶をしていました。現在、この人に孤独を好む傾向があるのも、過去生での研究生活や僧侶の経験から来ているようです。
 そして、リーディングは次のようにメッセージを与えています。
「今生では、星の研究、神秘な数や場所、状況についての研究がその人の得意とするところである。むしろ、それをキリストをとおして与えられている創造的エネルギーに向けて応用しなさい。そのように、数の中で、神秘な力の中で、物事の織り成す周期の中で、この人はキリストのお導きになる生活にそれを応用することにより、たくさんの人の物質的、精神的生活を助け導くことになろう」

 この人は、物質的な物事に対する関心が薄いという特徴がまず見てとれます。物質的なものに対する執着がないという点が、地球卒業には大切なことは理解できるところです。
 そして、数や占星術という、抽象的で調和的な事柄に意識を向けてきたわけです。古代ギリシアの哲人ピタゴラスは、覚醒するための教団を作りましたが、そこで学ばれていた科目は、数学・天文学・音楽でした。というのも、これらは人間の心に「調和」の概念を形成させるからです。調和の概念に意識を向けることが、地球卒業にとって大切になるのかもしれません。
 この人は、浮世離れした孤独な哲学者といった、ややクールな印象があるのですが、リーディングも述べているように、必ずしも愛が欠如していたわけではなかったようです。ただ、その愛は情愛というよりは、「博愛」に近いものだったようです。
 そして、自分がこれまで究めてきた数や神秘学的な知識を通して人々の助けとなるようにリーディングはアドバイスしているわけです。つまり、基本的にはやはり「奉仕」の大切さを訴えているわけですが、ポイントとなるのは、その人が持つ才能を活かすということなのでしょう。この人はこの人なりのやり方で愛を表現し、奉仕をしようとしているのだと思われます。自分の個性を活かしたやり方で献身すること、これが大切なのでしょう。
 
スポンサーサイト

地球卒業者の研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< 『地球卒業者「18人」の過去生』の研究 ⑱-上 | ホーム | 『地球卒業者「18人」の過去生』の研究 ⑯>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |