心の治癒と魂の覚醒

        

 ラストタイマーの特徴


 ご存知の方も多いかと思いますが、アメリカのエンジニアで体外離脱ができたロバート・モンローという人がいました(後に体外離脱のテクニックを「ヘミシンク」という名称で広めています)。
 その彼の著作『魂の体外旅行』(ロバート・A・モンロー著 坂場順子訳 日本教文社)のなかに、ラストタイマー、すなわち、もう二度と地上に生まれ変わってはこない魂について書かれているところがありますので、紹介してみましょう。
 その前に、説明しておかなければならないのですが、これはモンローがいうところの「超意識」を見たときの様子のようです。モンローによれば、私たちは肉体を持ってこの地上に生きていると同時に、超意識は霊界に存在しているというのです。言い換えれば、この超意識とは、いわゆるハイヤーセルフのことだと言ってもよいかと思います。
 すなわち、地上で肉体を持っているラストタイマーの超意識(ハイヤーセルフ)を、彼が体外離脱して霊界に行っていたときに目撃した様子を報告しているのです。
 では、ラストタイマーについて、モンローはどう表現しているのでしょうか?
「みごとなコントロール下に置かれた、とてつもなく活気に満ちたパワーを持っているのだ。この活力の中には、人間が重要と考える価値観や理念のすべてが込められているのだった。・・・最も重要なことは、これらの価値観や理念はすべてコントロール下にあり、ことごとく協調し合い、融合し合って全体の中の部分を構成していることであった」
 少し難しい表現をしていますが、私なりに言い換えますと、人間としてあらゆる美徳を備えており、それらをしっかりとコントロールしている、感情に振り回されることがない、ということではないかと思います。また、全体のために自分の役割をエネルギッシュに発揮しているとも解釈できそうです。
 そして、こうしたラストタイマーたちが、そうした偉大な資質をどのようにして身に着けたかというと、地上で何回も経験を積んだからだというのです。
 やはり、人間として成長するには、生まれ変わりを繰り返す必要があるのでしょう。
 モンローが、そんな彼らに「行き先」を尋ねると、ほとんどが優しい笑みを浮かべて、ただ「故郷へ」と答えるのだといいます。
「故郷」とは、霊的世界の高い階層のことをさしているのでしょう。キリスト教的にいえば、「天国」ということになるのかもしれません。
 ところで、こうしたラストタイマーの特徴について、モンローは興味深いことを言っているのです。
「彼らはこの最終回では歴史を作るような役割を選ばない。そのような役割はもう前に演じてしまっているからだろう。最終回では彼らは目立たない存在だ。郵便局員、ただの農夫、船員、会計係、といった役割の人間になり、グループとしてまとまるのではなく、時間的にも空間的にもあちらこちらに静かに存在するのが認められる」
 ラストタイマーは、今生では平凡で目立たないというのです。もちろん、これは社会的な面においてであって、人間的には非凡な美徳を備えているのでしょう。いずれにしろ、社会的に目立つような偉業を成し遂げるといったことはなく、目立たない仕事や生活を送り、徒党を組んで何かをするよりは、個人的に静かな生活を送っているようです。
 これは少し意外に思われるかもしれません。通常、ラストタイマーというと、何かスケールの大きな聖人のような印象があるのですが、そうではないというのです。
 もちろん、これはあくまでもモンロー自身の主張であり、真実かどうかはわかりませんが、理由を私なりに考えてみました・
 おそらく、彼らには社会的な野心がないからではないかと思います。野心というものはたいていエゴを土台にしています。エゴがある限りラストタイマーにはなれないでしょう。彼らにはエゴがないのです。つまり、野心がないのです。野心がなければ、たいていの場合、社会的にパッとするような人生を送ることはないでしょう。なので、結果的に平凡で目立たない仕事や生活を送っているのではないでしょうか。
 ただ、あくまでも大切なことは心のあり方であって、社会的な位置づけではありません。平凡な生活を送ればよい、平凡な生活を送らなければラストタイマーになれない、ということではないわけです。ポイントはエゴがあるかどうかだと思います。

スポンサーサイト

地球卒業者の研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< 怒りのコントロール | ホーム |  絶望したときにどう生きるか>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |