心の治癒と魂の覚醒

        

 怒りのコントロール


 私たちの心はさまざまな感情でかき乱されることが多いのですが、そのなかでももっとも危険なのは、怒りと恐怖ではないかと思います。今回は怒りについて考えてみたいと思います。
 他の感情、たとえば「悲しみ」という感情もそれなりにやっかいなものですが、比較的人に迷惑をかけることはないし、そのために人生がめちゃくちゃになることも、あまりないと思います。
 しかし、怒りの感情の場合、人に迷惑をかけたり、ともすると人生がめちゃくちゃになってしまうこともあります。怒りの感情が特定の人に向けられていた場合、その人に暴力をふるってしまい、傷害事件として警察沙汰になってしまうかもしれません。そのために人生がめちゃくちゃになってしまうこともあるかもしれません。
 そこまで極端ではなくても、私たちはちょっとした怒りをぶつけたために気まずい思いをして後悔することが少なくありません。「怒りは一時的な狂気」と誰か偉い人が言っていましたが、まさに怒りは狂気であり、「怒り狂う」という言葉もあるように、怒っている人は「狂っている」と言えるかもしれません。
 とにかく、怒りという感情は非常にやっかいであり、危険であり、悪魔のように恐るべきものです。それをコントロールすることは容易ではありません。かといって、野放しにしておくことはできませんので、何とかしてコントロールする方法を探し出し、心の平安を獲得しなければなりません。
 いうまでもありませんが、怒りを我慢していることは、怒りを消したことにはなりません。ただ抑圧させているだけです。怒りの感情そのものを消滅させる必要があるのです。
 そのための方法はいろいろあるでしょうが、ひとつには、「考え方を変えてみる」という方法が有効ですし、即効性があり、誰にでもすぐに実行できるのでお勧めします。
 すなわち、怒りを感じたときに、ひとつの例として、次のように考えてみるのです。
「私は怒っている。誰でも怒っているときは本気で真剣である。だが、本気で真剣になるほどの価値がこれにあるだろうか?」
 どんな人も、怒っているときは真剣です。いい加減に怒っている人はいないでしょう。一生懸命に怒っているわけです。
 しかし、その怒りの原因が、真剣で一生懸命になるほどのものかどうか、考えてみるのです。たとえば、料理を注文したのにいつまで待っても来なかったとします。それで怒りの感情が湧いてきたとします。つまり、注文した料理が来るのが遅いということに対して、真剣に一生懸命になっているということになります。
 しかし、そんなことくらいで、真剣に一生懸命になるとしたら、なんともスケールの小さな人間ではないでしょうか。なんとも馬鹿馬鹿しいことではないでしょうか。自分はその程度の人間であると思うと、情けなくなってくるのではないでしょうか。
 人間が真剣に一生懸命になるときというのは、よほどのことです。重要な仕事に打ち込むときだとか、何かとても大切なことをするときです。つまらないことで真剣になり一生懸命になっているというのは、エネルギーの浪費であり、ナンセンスです。「自分のおかずよりお兄ちゃんのおかずの方が量が多い!」といって激怒し、兄弟げんかをするのと同じくらい幼稚なレベルの怒りを、私たち大人も案外、やっているのではないか?
 と、このように考えてみるのです。
 そうすると、たいていの怒りは、多少なりとも緩和されてくるはずです。まったく消えてしまう場合もあるでしょう。もちろん、真剣に一生懸命に値することに関して怒りを覚える場合もあります。そういうときは、以上のような考え方はあまり効果はないかもしれません。しかし、私たちが怒りを感じる大半は、どうでもいいような、くだらないことではないでしょうか。くだらないことに真剣に一生懸命になっているわけです。その点では、以上のような考え方をすると、怒りの半分くらいは軽減されるのではないかと思います。
 私たちは、本当に価値のあることだけに対して、真剣に、一生懸命になろうではありませんか。人生の大半のことは、真剣になって怒るには値しないようなことばかりではないでしょうか。

スポンサーサイト

心の浄化 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< ガンを覚悟して生きる | ホーム |  ラストタイマーの特徴>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |