心の治癒と魂の覚醒

        

 レッテル貼り


 いま放映しているNHKの連続テレビ小説には、人の心を読むことができる青年が登場しているのですが、その青年が精神科医に診てもらったところ「統合失調症」と診断され、しばらく薬を飲んでいた……という展開になっているようです(ときどきチラリとしか見ていないので詳しい内容は知らないのですが)。
 精神科医が(もちろんすべてではないでしょうが)、いかにでたらめな診断や薬の処方をしているかということが、最近、数々の本やマスコミなどで糾弾されていますが、実際、本当にこれが医者か?と疑うような人もいるようです。
 それはさておき、統合失調症という診断は、しばしば誤診されることが多いようです。たとえば、他に精神的ストレスがあって、そのために統合失調症に似た状態に一時的になっているだけなのに、それで統合失調症と診断され、ずっと薬を服用させられたりするわけです。しかし、一度薬を常用すると、それを止めるのはとても難しくなり、薬自体の副作用のために、本当に異常になってしまうこともあるようです。
 それと、霊的な感性を持った人が、やはり統合失調症と診断され、薬でつぶされてしまうことも少なからずあるようです。確かに、霊的な世界を認めない精神科医にとっては、理解不能なことを口走っていたりすれば、それで精神病扱いされてしまうのは、無理もないといえば無理もないでしょうが、これは無知からくる重大な「医療過誤」ではないかと思います。
 ところが、沖縄などでは、ユタと呼ばれる霊能者がいて、ユタとなる運命を持った人は、一時的に統合失調症のような状態になったりするわけです。みんながそのことを古くから伝統的に知っているため、安易に精神病だなどと決めつけず、それなりの世話や導きをするので、結局、最後にはまともになり、霊能者として活躍できたりするわけです。
 ところが、そのような伝統や理解がない場所では、霊的な一時的プロセスによる症状なのに、それを精神病と診断されて薬漬けにされ、結局廃人のようにされてしまう例が、非常に多いように思います。
 NHKのドラマで、青年が「こんなもの!」といった感じで精神科医からもらった薬をゴミ箱にたたきつけるように投げ捨てるシーンがありましたが、これはある意味、大胆なシーンではないかと思いました。精神科医や製薬会社がそのシーンを見たらどう思うかと想像してみると、NHKはけっこう大胆なことをするなあと感心いたしました。
 私はもちろん、薬は一概に否定するつもりはありませんが、乱用には反対ですし、実際、乱用されている傾向が強いように思います。
 一度、「統合失調症」だと診断されると(レッテルを貼られると)、そのように扱われ、また自分でもそのように自分を見なして、ある種の見えないヒモで自分を縛り上げてしまうようになります。その他、自閉症だとか、アスペルガー障害だとか、いろいろな診断というか、レッテルを貼る傾向があります。
 レッテル張りは、対象を明確にしてアプローチしやすくなるという利点はあるのですが、程度も質も違う人たちをひとつのカテゴリーに押し込めて同じ扱いをしてしまうという危険もあります。アスペルガー障害などという言葉がない時代では、そういう子供は「ちょっと変わった子」として、とくに差別されることもなく、それなりに受け入れられて何とかやってきたものです。もちろん、あまりにも程度が重症な場合は特別な対応は必要でしょうが、軽度にもかかわらず、アスペルガー障害があるからといって、特殊学級に入れるといったやり方には、私はあまり賛成できません。
 統合失調症だって、よほど生活に支障があるほどでなければ、「ちょっと変わった人」に過ぎないのではないでしょうか。
 そして、世の中というものは、「ちょっと変わった人」もいるくらいの方が健全なのではないでしょうか。何もかもがみんな同じであり、異質な人は排除するべきだという風潮が強すぎるように思います。「ちょっと変わった人」であれば、人はそれなりにつきあっていくでしょうが、「統合失調症」とレッテルを貼られた人に対しては、多くの人は思わず引いてしまうのではないかと思います。
 イタリアは、確か精神病院がありません。バスに乗っていても、あきらかに頭のおかしい人がいて、へんなことをぶつぶつ口走っていたりするのですが、他の人はそれで差別したり身をひいたりせず、むしろ、気安く声を掛けて話をしていたりするそうです。
 精神病者は何をするかわからない危険な人物だ、というのは誤解です。統計的にも、精神病者が起こす殺傷事件と、健常者が起こす殺傷事件を比較すれば、健常者が人を傷つけたり殺したりする方がずっと多いのです。
 少し変わった人、奇異な人を、やたらに神経質に排除しようとする「健常者」たちの方が、むしろよ精神的に病んでいるのではないでしょうか。
 世の中というもの、人生というものは、へんなたとえで恐縮ですが、あらゆるものを入れた「煮込み鍋」のようなものです。いろいろな食材が入っているから、いろいろな味を楽しむことができ、さまざまな食材の栄養が溶け込んだ汁にも、独自の味わいが出てくるのです。白菜しか入っていない鍋など、おいしくも何ともないはずです。
 ちょっとくらい変わっていても、それを「病気」などと決めつけることなく、ひとつの個性として、みんなで受け入れてあげればよいのです。そうすれば、それがたとえ実際に精神病であったとしても、自然に癒されていくと思います。「精神病」だとレッテルを貼り、精神病者扱いし、自分も精神病者だという自覚を持つから、精神病は治らないのです。
 もし自分は「人生の落伍者だ」とレッテルを貼れば、その通りになり、そのままとなるでしょう。自分は「ダメな親だ」とレッテルを貼れば、その通りになり、そのままの状態になるでしょう。
 いかなる否定的なレッテルを、人や自分に貼り付けるべきではないのです。
スポンサーサイト

心の治癒 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<< 禅僧としての親鸞 | ホーム |  日々の積み重ね>>

コメント

僕の知っている精神科医で、
「小田晋」先生は、


統合失調症を悪い方面だけで見ていないようです。
逆に「妄想、幻覚は想像力の源」といっているぐらい。精神病に関して、こういう小田晋先生や斉藤啓一先生などの「プラスの意見」も必要だと思いました!!



↓↓ 参考 ↓↓
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E3%82%82%E3%81%86%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%AE%E8%87%AA%E5%88%86%E3%80%8D%E3%81%8C%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%82%92%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E2%80%95%E5%A6%84%E6%83%B3%E3%83%BB%E5%B9%BB%E8%A6%9A%E3%81%AF%E5%89%B5%E9%80%A0%E5%8A%9B%E3%81%AE%E6%BA%90-%E5%B0%8F%E7%94%B0-%E6%99%8B/dp/4893613006
2012-11-18 Sun 08:40 | URL | ローキック [ 編集 ]
斉藤啓一です。ローキックさん、コメントありがとうございました。
物事は、解釈しだいでかなり変わるものなのですね。悪く解釈すれば、本当に悪くなってしまいますし、よく解釈すれば、よくなっていくのです。精神病は悪く解釈されすぎです。もう少しよく解釈するべきだと思います。
2012-11-18 Sun 09:00 | URL | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-11-18 Sun 22:45 | | [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-01-13 Mon 17:24 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |