心の治癒と魂の覚醒

        

 クリスマス


 私は毎年、クリスマスのときになると、同じことを書きます。それは人からひんしゅくを買うようなものなのですが、今回も懲りずに書きます(笑)。
 クリスマスにお祝いをしたり、楽しんだりすることはけっこうなことです。しかし、世の中にはそのようなことをしたくてもできない人がたくさんいるということを忘れないようにしましょう。この寒い夜に、凍えている人がどれほどたくさんいて、食べ物にも困っている人がどれほどたくさんいることでしょうか。あるいは、あたたかい部屋で過ごし食べ物には困らないとしても、ひとり寂しく過ごさなければならない孤独な人が、どれほどたくさんいることでしょうか。病気やさまざまな苦しみで、それどころではないという人が、どれほどたくさんいるでしょうか。そういう人たちにとって、世間が浮かれ騒ぐような日というのは、ことさら辛く感じるものなのです。
 人生というものは、「自分だけ楽しければいい、自分だけ幸せならいい」というものではありません。どんなときも、常に自分より不幸せな人が世の中にはいるんだという認識を持つべきです。それが「人間として」生きる意味です。ですから、どんなに幸せであっても、楽しくても、これみよがしに浮かれ騒ぐのはよろしくないと思うのです。
 私はこのように、せっかくの楽しいクリスマスに水を差すようなことを言って嫌がられておりますが、自分自身がひどい絶望と苦しみのどん底に突き落とされたと想像してみてください。人生というものは、いつそんな状態になるか、わからないものです。そんなとき、街中で浮かれ騒いでいる人たちを見たら、どのように感じるか、想像してみてください。そうすれば、浮かれ騒いでいるクリスマスの日というものが、いかに冷たく残酷であるかということが、身に染みてわかることでしょう。
 このようなことは、イエス・キリストの真意とはまったく反することです。単なるお祭り騒ぎのクリスマスは、イエスの真意をまったく反映していません。
 こう書くと、クリスマスはイエスの誕生日ではないとか、もともとは暗い冬至が明けたことに対する祝いの名残だなどということを言う人がいますが、そのようなことは的はずれな意見です。歴史的な事実がどうであろうと、クリスマスがイエスと結びつけられていることは一般に認識されているのですから、クリスマスを祝うのであれば、イエスを抜きにしては考えられません。そしてイエスは何を望んでいるかというと、苦しい人々を慰め、救うということです。
 だいたい、クリスマスを祝えるような人々は、普段からおいしいものを食べたり宴会をしたり、欲しいものを買ったりして、物質的な享楽は十分に堪能しているのですから、逆にクリスマスの日だけは、そういうことをせずに、世の中の苦しんでいる人に思いを寄せる日にした方がよいのではないかと思います。
 クリスマスの日というのは、イエスがそうしたように、「愛と慈悲を施す日」であるべきです。恋人や家族だけを愛するのではなく、世の中の日陰で目立たないところにいる、もっとも愛を必要としている悲惨な人たちに愛を向ける日であるべきです。そういう人たちが救われるようにと祈ったり、できれば何か行動してあげたりするべき日です。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<< 新年のご挨拶 | ホーム |  毎日を大切にする>>

コメント

オクです。俗に使われる「無神論」という言葉ですが、実はその言葉が指すのは無宗教的(無信仰)という事実ではなく、汎神論あるいは内在神に近い概念のようです。あたりまえのことかもしれませんが、参考までに。
2012-12-31 Mon 07:15 | URL | oku [ 編集 ]
先生、ホームページリニューアルおめでとうございます。

大晦日ですね。
1年の締めくくりで、クリスマスよりも厳粛な気分がします。

病院に行けば、お金持ちも貧乏人も
美人もそうでない方も
学歴のある人も、そうでない人もいます。
そして皆、歳をとっていきます。

この世は、やはり平等だと思います。
神仏の前で、お金や見た目の美しさは通用しません。

斉藤先生のおっしゃるように、日常生活が修行だと思います。

先生も、良いお年をお迎えください。
2012-12-31 Mon 17:10 | URL | 両さん [ 編集 ]
斉藤啓一です。両さん、コメント、またホームページのリニューアルの祝福のお言葉、どうもありがとうございました。
今年もよろしくお願い致します。
2013-01-01 Tue 03:56 | URL | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |