FC2ブログ

心の治癒と魂の覚醒

        

魂は実在するのか?(3)

 これまで、魂は物質でもエネルギーでもないと説明してきました。この世の中で「存在するもの」といえば、物質かエネルギーかのいずれかのはずです。この両者でもないとしたら、魂は存在するとは考えにくくなるのです。
 すると「いや、魂は高次元世界の物質で構成されている。だから、地上世界では見ることも測定することもできないのだ」と主張する人がいるかもしれません。
 しかし、次元の高い存在が低い次元の世界に存在することは、原理的に不可能です。
 たとえば、立体は三次元で、平面は二次元ですが、平面世界に立体は存在できません。
 したがって、高次元に属する魂なるものが、それより低い次元の物質世界に存在するということは、ありえないのです。
 ですから、魂は高次元世界の物質ではありません。そうなると、地上世界の物質か、あるいはエネルギーということになりますが、すでに考察したように、その可能性もありません。
 結局、どう考えても、魂というものは存在しないと考えられてしまうのです。

 ただ、魂そのものは地上次元ではなく高次元に存在するが、その高次元にいる魂から情報が送られてきていて、地上世界の肉体(脳)と情報を交換している、という考え方はできるかもしれません。実際、「ハイアーセルフ」(高自我)という考え方があります。つまり、魂そのものはこの地上次元には存在せず、高い次元に存在しているが、高次元の魂からこの地上次元の肉体に情報が送られてくる、また肉体の情報が魂に送られるという説です。
 しかし、そう考えたとしても、ひとつ問題があります。
 それは、どのようにして情報を交換しているかです。
 つまり、魂という高次元の物質と、肉体という地上次元の物質との間で、情報のやり取りが行われる際に、その情報はどのように伝達されるかということです。
 情報は、必ず何らかの媒体によって伝達されます。
 媒体なくして情報が伝達されることはありません。たとえばニュースなどの情報は、音声媒体(人の話)だとか、紙媒体(新聞)だとか、電波媒体(テレビ・ラジオ)といったもので運ばれます。
 しかし、情報を送信したり受信したりするには、双方が同じ媒体を使っていなければ不可能です。眼の不自由な人に新聞をわたしても情報は伝わりませんし、耳の不自由な人にラジオをわたしても情報は伝わらないようなものです。

 もし、情報を伝えようとするなら、異質な媒体どうしを変換する媒体が必要となります。
 たとえば、音の情報を光の情報に、光の情報を音の情報に変換するような媒体です。直接、音の情報を光の情報に、光の情報を音の情報にすることはできません。情報の媒体が異質だからです。異質な媒体どうしを結びつける他の媒体が必要となります。
 たとえば、そのような媒体の代表的なものが電気です。光の情報は電気信号に変換されて音の情報になります。音の情報は電気信号に変換されて光の情報になります。この典型が音楽CDです(録音:音→電気→レーザー光線/再生:レーザー光線→電気→音)。
 では、高次元の情報と地上次元の情報とを変換する媒体というものが、存在するのでしょうか?
 もし存在するなら、それは、高次元世界にも地上世界にも存在していなければなりません。つまり、高次元の存在でもあり、同時に低次元の存在でもある、ということになります。
 しかしこれは、あきらかに矛盾したありえないことです。
 音や光や電気といったものは、すべて同じ次元に存在しています。だから電気が音や光の媒体となれるのですが、次元の違いとは、まったく別の世界ということになり、まったく異なる原理や法則で成り立っています。
 たとえば、ある存在が、立体(三次元)であり、同時に平面(二次元)である、などということがありえるでしょうか? 原理的にありえません。
 つまり、共有できる媒体が存在しないことになります。ということは、高次元世界と地上世界との情報をやり取りすることができないということになるわけです。
 こう考えても、高次元世界と地上世界の情報をやり取りしているとする魂というものは、存在しない可能性が高くなってくるのです。

 しかし、仮に百歩ゆずって、私たちの想像をはるかに超えた何らかのメカニズムによって、高次元と地上次元との間で情報を交換できると考えてみます。
 ところが、低い次元では、高い次元の情報を完全に把握することはできません。
 たとえば、ピラミッドの形は立体次元の存在ですが、それが平面次元においては、三角形や四角形といった平面でしか把握できません(横から見たら三角形、上から見たら四角形)。しかし、三角形や四角形は、ピラミッドの真の姿ではありません。
 高い次元の存在は、低い次元の存在を包含しています。高い次元の情報は、低い次元には、断片的にしか伝わらないのです(もし完全に伝わるとしたら、次元というものの定義が覆されてしまいます)。
 したがって、もし高次元と地上次元との間で情報が交換できると仮定したとしても、私たちは高い次元の情報を正確に認識することはできないのです。ある人はピラミッドを三角形と主張し、ある人は四角形だと主張するようなものです。どちらもピラミッドではありません。次元がひとつ違うだけでもこれほど差があるのに、次元が二つも三つも違ったら、真の姿とはほど遠くなってしまうわけです。
 このように、仮に高次元世界に魂なるものがあり、それが地上次元の脳との間で情報を交換しているとしても、私たちの脳は、魂からの情報を完全には認識できず、かなり歪められたものになっているということです。
 ピラミッドを平面的に説明しようとしたら「四角形でもあり三角形でもある」と矛盾した表現になってしまいます。しかし、立体というものを認識できない平面世界の住民にとって、四角形でもあり三角形でもあるというのは、矛盾してあり得ないことになります。どんなにがんばっても認識できません。もしピラミッドの真の姿を認識できたなら、想像していたものとはまったく違い、驚くと思います。
 同じように、仮に霊的な存在、霊的な世界というものが存在するとしても、それは私たちの想像をはるかに超えたものなのです。早くいえば、わからないものなのです。
 そのわからないものを、いかにも明確な真理であるかのごとく語っている宗教やスピリチュアルの教えというものは、ナンセンスとしか言えないわけです。ピラミッドを「三角形だ! いや違う、四角形だ!」などと主張して争っているようなレベルです。
 考察してきたように、霊的なものは高次元であるとするなら、低次元であるこの地上で説かれた「霊的なもの」のはすべて、間違っていることになるのです。控えめに言っても、正確ではない、ということになります。
 ということは、魂というものも、仮にそのようなものが存在しているとしても、私たちの想像とはまるで違ったものでしょうから、実質的には別物ということになり、存在しないと言ってもいいことになるわけです。

 間違ったものを信じるくらいなら、信じない方がましです。間違ったものを信じていたら、間違った考え方や行動につながってしまうからです。
 あえて、霊的世界の事象を表現しようとしたら、言語を超えたものとなり、「空(くう)」という言葉が当てはまるのではないかと思います。空は説明できません。説明できないものを空と表現したと言ってもいいかもしれません。
 私たちは、間違った霊的教えではなく、「空」というものを、生き方の土台にするべきであると思うのです。
スポンサーサイト

霊界と生まれ変わりの真実 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<魂は実在するのか?(4) | ホーム | 魂は実在するのか?(2)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |