FC2ブログ

心の治癒と魂の覚醒

        

神の正体①

 これまで「霊界と生まれ変わりの真実」というカテゴリーで、霊界や生まれ変わり、カルマの法則といったものは、否定も肯定もできないものであり、結局はわからないもので、わからないものはわからないとするべきであるという、私の考えを述べてきました。
 そこで今度は、そうした霊的な次元よりも上の、究極の次元である「神」について、論じてみたいと思います。すなわち、神とは何であるかという問題です。
 もちろん、霊的な次元のことがわからないのですから、さらに高い究極の存在である神のことなど、わかるはずがないのですが、それでも可能な限り推論を働かせて、「おそらくこうではないか」というものを提示してみたいと思います。
 というのは、宗教やスピリチュアルの信奉者はもちろんですが、特にそうした信仰を持っていない人でも、神という存在が、この人生を生きる上での、ある種の基軸になっているからです。人間が神という超越的な存在に思いをはせるのは、ある種の本能のようなものではないかと思います。たとえば陰で悪いことをしようとしても、ふと「神様が見ている。神様に怒られる」などと考えて、悪事をやめたりするわけです。
 そのため、神という存在の認識をあやまると、人生を誤った方向に進めてしまう危険が出てきます。たとえば、未開な種族に見られる「神というものは、定期的に生け贄を欲している存在だ。生け贄を捧げないと怒って災いをもたらす」といったように神をとらえていると、何の罪もない人が、神の名の下に殺されてしまうといったことが起こるわけです。
 あるいはまた、イスラム過激派のように、「神は、イスラム教を否定する者を殺害することを望んでいる」ととらえていたら、人殺しが行われてしまいます。神という存在をどうとらえるかで、人を殺人者にしてしまうわけです。
 ですから、私たちは神というものを、可能な限り正しくとらえる必要があると思うのです。
 では、神の正体とは、どのようなものなのでしょうか。
 あくまでも私の考えですが、紹介してみたいと思います。

 神というと、究極かつ根源的な一者であり、完全無欠であり全知全能であるとされていますが、私はそうは考えていません。究極的かつ根源的な存在、完全無欠で全知全能な存在というものは、あり得ないと考えています。
 なぜなら、仮にそういう存在がいたとして、その存在は完全に「静止」しているからです。完全なのですから、もうそれ以上の進化はありません。完全なのですから、何もする必要がありません。「何かをする」とは、何かを達成するためにするわけで、何かを達成するということは、達成されていないものがあるということ、つまり、完全ではないことになります。
 したがって、もし完全な存在がいるとしたら、その存在は凍結して静止しているはずです。何もせずじっと固まっているわけです。いってみれば、それは死体のようなものです。成長進化しない存在は死んでいるのです。
 もし神がそういう存在であるとしたら、人間との交流もありません。交流がなければ、実質的に神は存在しないのと同じです。論じる余地がなくなります。
 ですから、神は完全無欠な存在ではなく、今なお完全無欠へと向かって進化を続けている不完全な存在であると考えます。その進化の過程は「永遠」です。つまり、終わりがありません。ちょうど無理数が永遠に数を連ねるようにです。だからこそ神は「生きている」と言えるわけです。生きた存在とは、終わりなき永遠の進化を遂げる存在ということです。

 
 神というと、人間を創造した別個の存在をイメージします。
 しかし私は、そういう意味での神というものは存在しないと考えています。
 神というのは、私たち人間の「ネットワーク」のことだと考えています。
 どういうことかというと、たとえば、生物のからだを考えてみてください。私たちのからだは、37兆もの細胞によって構成されています。言い方を変えれば、ひとつひとつの細胞が集団になった存在が、私たちということになります。細胞と私たちは独立した存在ではありません。「私」は細胞であり、細胞は「私」です。
 細胞ひとつひとつは生きており、独立した生命体です。そして、おそらく非常にシンプルではあるでしょうが、意識というものを持っていると思われます。そしてこれら細胞は、他の細胞と情報を伝達しあっています。つまり、ネットワークで結ばれています。
 このように、私たち人間とは、37兆もの細胞で構築されたネットワークなのです。
 同じように、人間というものは、神という存在の「細胞」なのです。いえ、むしろ「神とは人間という細胞が集まって構築された存在である」と表現した方がいいかもしれません。
 そして、ネットワークというものは、情報交換される関係性でありシステムということになりますから、物理的な実体というものはありません。実体はあくまでもネットワークを構成している個々の要素です。
 すなわち、私たち人間こそが実体なのであり、神というものは、ネットワークですから、実体というものはないのです。「私」というものが存在していないのと同じです。存在しているのはひとつひとつの細胞です。細胞がなくなれば「私」もなくなります。「私」というのは実体がないのです。「私」とは、細胞のネットワークが作り出した存在だからです。
 その意味では、神は存在しないことになりますが、私たちの意識内部では、神の存在を感じます。情報として感じるのです。その意味では、神は存在していると言えるわけです。
次回、引き続きこの点について、詳しく見ていきたいと思います。
 
スポンサーサイト




神の正体 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<神の正体② 神の細胞としての人間 | ホーム | 非凡な人>>

コメント

 神とは規律ですか、混沌ですか?
2018-01-15 Mon 12:25 | URL | ワタナベ [ 編集 ]
斉藤啓一です。ワタナベさん、コメントありがとうございました。これについての回答は、今後この「神の正体」シリーズであきらかになっていくと思いますので、とりあえず、もう少し記事を読み続けてみてください。
2018-01-15 Mon 12:39 | URL | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |