FC2ブログ

心の治癒と魂の覚醒

        

神の正体⑥ 神は創造主ではない

 前回は、創造主と人間との関係を「鵜飼い」にたとえましたが、これはもちろん、正確なたとえではありません。なぜなら、鵜飼いのように鵜と漁師という分離はないからです。「創造主と人間」という分離は、存在しません。もし存在したら、創造主は究極の一者ではなくなってしまうからです。つまり、自己と非自己という分離が生じてしまうからです。
 ということは、実は私たち自身が創造主とも言えるわけです。私たちひとりひとりは、創造主の一部なのです。私たちひとりひとりは、創造主という意識を天文学的な数字以上に細かくしたものなので、こうした事実が把握できないだけなのです。

 ちなみに、私たちが「創造主の一部」であるなら、私たちは創造主の「細胞」のようなものだと言えるのでしょうか?
 前に、「神」とは、私たち意識のネットワークであると述べ、私たちはそんな神の「細胞」であると述べました。混乱が生じるといけないので、この点についてはっきりさせておきたいと思います。
 神は、私たち意識が創造したネットワークです。ネットワークとは個々の要素によって作り出されたものです。ネットワークが最初にあって、その後で個々の要素が作り出されたのではありません。ちょうど、人間が細胞を創造したのではなく、細胞が人間を創造したのと同じです。つまり、人間が神を創造したのです。
 一方、そうした個々の要素、すなわち人間を創造したのは、究極の一者である創造主です。人間が創造主を創造したのではなく、創造主が人間を創造したのです。ですから、その意味で、人間を創造主の「細胞」にたとえることはできないわけです。もし人間は創造主の細胞であると言ってしまうと、人間が創造主を造ったことになり、それでは「創造主」とは呼べなくなってしまいます。
 ですから、人間は、創造主の細胞ではありません。創造主の「投影像」です。

 ここであらためて、創造主は神ではないということを述べておきたいと思います。
 もちろん、結局は、神をどう定義するかの問題になってしまうのですが、私はこう考えているのです。
 仮に、創造主を神とするなら、以上のべたように、創造主は私たち自身なのですから、「創造主と人間」という区別がありません。ですから、神を信仰の「対象」にすることはできません。「神よ!」と呼びかけるのと「我よ!」と呼びかけるのは、同じことになってしまいます。そこに「関係性」はありません。信仰とは、いわば神と人間という、関係性をベースにした、ある種のコミュニケーションのことですから、これでは信仰が成り立ちません。信仰不能なものを持ち出しても、それは神と呼べないでしょう。

 伝統的な宗教は、創造主と神を混同し、同じものとしてしまったところに、最大のあやまちがあると、私は思っているのです。そのために、さまざまな自己矛盾を抱えてしまっているのです。
 たとえば、神が創造主であるなら、全知全能であるはずです。実際に聖書ではそう説かれています。同時に、神は愛であるとしています。「神は全知全能にして愛である」というのが、神の定義となっています。
 そうなると、なぜこの地上にこうも悲惨な苦しみが存在するのか、という説明ができなくなります。全知全能で愛なら、そんな苦しみを受けなくてもどうにかできるはずです。
 それに対して、宗教者は「苦しみも神の愛のあらわれなのだ」と言います。しかしそうなると、いかなる残酷なことも愛になってしまい、実質的に、愛と愛でないものの区別ができなくなります。つまり、愛の定義が破綻し、愛が消え去ってしまうのです。
 すると宗教者は「神は人間の自由意志を尊重しているのだ」と言います。しかし、これも同じです。たとえば、まだ何も知らない幼い子供がクルマが往来する道路に向かって歩いていくというとき、まわりの人は「自由意志を尊重しよう」などと言って、そのままにするでしょうか? 思わず助けようとするはずです。それこそが愛というものでしょう。神が全知全能なら、このまま人間がこういう生き方をしていれば悲惨なことが起こることはお見通しのはずです。それを傍観しているというのは、どう考えても愛とは思えません。もしそれを愛というのなら、道路に飛び出そうとしている子供を傍観するのも愛になってしまいます。
 ということで、この場合も、愛が破綻してしまうことになるのです。
 ですから、神を(全知全能である)創造主にして愛である、と定義することはできないのです。神は創造主であるか、あるいは愛であるか、どちらかです。
 言い換えれば、「人間を助けることはできるが愛でないから助けない存在」か、「愛であり助けたいのだが全知全能ではないから助けてあげることができない存在」かの、いずれかなのです。
 私はだから、創造主と神というものを別々の存在であると考えたのです。
 ネットワークである神は、愛です。私たちを助けようと力を貸してくれます。しかし全知全能ではないので、助けられないこともあります。
 一方、創造主は、(自己認識以外は)全知全能でしょうが、愛ではありません。ただ人間を創造し、そこから情報を収集しようとしている、ある種の法則のようなもので、おそらく人格性といったものはありません。情報を収集することが目的ですから、人間を助けたりしません。むしろ、そのような干渉をしてしまうと正確なデータが得られないので、助けたりはしないはずです。ある意味では、徹底して人間の「自由意志」を尊重しているとも言えます。

 しかし、実はこういう表現もまた、正確ではないのです。この表現は、まるで科学者とモルモットのような関係性であるかのように語っていますが、創造主と人間との間に分離はないからです。
 分離があれば、創造主を、観察や考察の「対象」にできますが、分離していないので、観察や考察の対象にならないのです。すでに述べたように、眼が眼を見ることができないのと同じ原理です。
 つまり、創造主が何であるかを知ることは原理的に不可能であり、「究極にして永遠の未知」なのですから、創造主について考えたり思ったりすること自体、まったく何の意味もないのです。
 思考や想念の対象とはなり得ない、というのが創造主です。ですから、そのようなものを「神」と呼んで信仰の対象にすることは、原理的にできないわけです。
 こうした理由から、神は創造主ではないと、私は考えているのです。
 以上のように、残念ながら、神は全知全能ではありません。
 しかし、神は愛です。必死になって私たちを救おうとしてくれている存在です。
 より正確に言えば、愛が、神なのです。なぜなら、愛とは、ある種のネットワークだからです。
スポンサーサイト

神の正体 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<神の正体⑦ 神の愛はいかにして人を救うか | ホーム | 神の正体⑤ 創造主が求める情報とは>>

コメント

 こんにちは、斉藤先生。 

 創造主と神が別物というのは初めて聞く概念ですね。でもそうかなと思います。創造主が愛であり、神であるとすると矛盾が生じてしまいますので、もっともかと。

 われわれはどのようなネットワーク=神を創造していけばいいのかと問われれば「愛」であると答えればいいのですね。

 創造主のことを尋ねられれば認識不能であるといえるのですね。

 非常に分かりやすくスッキリしました。ありがとうございます。
2018-02-19 Mon 12:41 | URL | ワタナベ [ 編集 ]
斉藤啓一です。ワタナベさん、コメントありがとうございました。そして、まさにワタナベさんのおっしゃる通りです! もちろん、あくまでも「私の考えが正しければ」、という前提はつきますが。
2018-02-19 Mon 20:09 | URL | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |