FC2ブログ

心の治癒と魂の覚醒

        

情報過多から身を守る方法

 例によって報告とお知らせから。
 イデア ライフ アカデミー瞑想教室第4回が2月16日と17日に行われました。テーマは「心(潜在意識)の浄化」で、心を浄化することがいかに重要であるか、そして、そのためにはどうすればいいかを紹介しました。そのさわりの部分をダイジェスト版として動画にアップしましたので、ぜひご覧になってください。
https://www.youtube.com/watch?v=dxTZZVt1w74
 瞑想というものは、すぐに効果が出るというわけではありませんが、自分を変え、人生を変える上でもっとも重要なものなのです。というのは、瞑想は潜在意識を変容させていく作業だからです。潜在意識こそが、自分のあり方を規定し、運命を定めているわけですから、自分を変え人生を変えるためには、瞑想は避けて通れません。いくら頭で知識を詰め込んだだけでは、人間は本質的には変わらないのです。ですから皆さん、どうぞ、瞑想をする習慣をもってください。そして、よろしければ、ぜひイデア ライフ アカデミーにいらしてください。あるいは、動画(完全版)をご覧になってください。
 なお、次回のイデア ライフ アカデミーは、3月2日と3日に哲学教室を開きます。「禅問答(公案)」について、脳科学の方面からアプローチしていきます。禅問答もまたひとつの瞑想であり、非常に強力に脳に刺激を与え、短期間で変革をもたらす力を持っています。
参加ご希望の方はこちら↓
http://www.interq.or.jp/sun/rev-1/
 それともうひとつ、51コラボレーション主催による「2020年 数秘術が教える未来」セミナーが3月10日(日)に行われますので、こちらもどうぞよろしくお願い致します。お申し込み
 来年2020年は2が二つ出てきます。しかも日本の場合、新たな年号が今年から始まりますので、その年号もまた来年には「2」となります。つまり、結果的に2が3つ重なることになります。2が3つ重なるというのは、めったにないことで、ある種の「異常事態」であり、数秘術的にはとんでもない状況になる可能性があるのです。ではどうなるのでしょうか? 興味のある方はぜひご参加ください。

 では、本題に移ります。
今日、インターネットの普及で、私たちはさまざまな情報を瞬時に入手することができます。これは非常に便利である反面、情報過多といってもいいくらいです。当然ですが、そのすべての情報が正しいわけではありません。なかには意図的に間違った情報が流されていることもあります。そうなると、私たちは、どの情報が正しくどの情報が正しくないか、どの情報を受け入れ、どの情報を受け入れないか、いわば、情報選択の能力を持たなければならなくなります。さもないと、あまりにも多くの情報を前に、かえって混乱してしまうでしょう。情報に振り回されることになります。実際、すでにそのような状態にあるのではないでしょうか。
 たとえば、「肉食はからだに悪い」という情報もあれば、「肉食はからだによい」という情報もあります。私たちは、いったいどちらが本当なのか迷ってしまいます。どちらもそれなりの根拠があり、説得力があるからです。いったいどうすればいいでしょうか?
 それには、実際に自分で試してみるしかありません。しばらく肉食をしない生活を送って体調を確かめ、今度はしばらく肉食をする生活を送って体調を確かめ、どちらがからだによいか調べてみることです。そうすれば、自分にとってどちらがよいのか、だいたいわかるでしょう。
 しかし、このように、すべての情報を自分で確かめてみることは、実際には不可能です。そのような時間はありません。かといって、いわゆる専門家だとか権威者とか学者と呼ばれる人たちの情報なら大丈夫かというと、必ずしもそうではないことは、あえて言うまでもありません。また、大多数の意見が正しいかというと、そうとも限りません。
 では、いったいどうしたらいいでしょうか?

 そのために、おそらくもっとも有効と思われるのは、生活をシンプルにして、なるべく情報を必要としない生き方をすることです。生活が複雑であれば、それだけ多くの情報が必要となり、情報の洪水に見舞われて身動きができなくなります。自分にとって本当に重要なことだけに焦点を当てた生活をしていれば、それとは関係のない情報を入手する必要はなくなります。言い換えれば、私たちは情報の氾濫によって、自分の人生にとってもっとも大切なことを見失っているようにも思われます。
 そのためには、自分にとって何がもっとも大切なことなのか、これをまずしっかりと定める必要があるでしょう。「これも大切、あれも大切」などと欲張ると、情報に飲み込まれてしまいます。可能な限り、最小限にとどめるべきです。タレントが結婚したとか離婚したとか、どんな生活をしているかといったことなど、重要でしょうか? 自分には関係のない情報はいっさい遮断するべきです。
 それから、情報に飲み込まれない方法としては、情報が正しいかどうかを見抜く、ある種の直観力を養うことです。そのためには、欲望と恐怖心を心から追い出して心を浄化することです。なぜなら、人の判断力や直観力を鈍らせる最大の要因は、欲と恐怖だからです。欲と恐怖がなく、心が澄んでいると、正確な判断力と直観力が得られます。
 そのために有効な手段が、瞑想です。瞑想とは、ある意味で、一時的にいっさいの情報を遮断して内面に意識を向ける行為です。「情報の断食」と表現してもいいでしょう。情報の断食をすることで、誰もが持っている、物事の真偽を見極める直観力がよみがえってくるのです。
スポンサーサイト




人生をどう生きるか | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<神性を自覚する | ホーム | 覚醒することの大切さ>>

コメント

仰る通りで、実は昨今食に関する動画をいろいろ見ていて、情報過多に踊らされている自分がいました。これまで食べたいものを食べて医者いらずで十五年以上過ごしてきたのに、あれがダメこれがダメといった情報に無意識にも感化され、食べたいものを我慢している自分に気が付いたのです。これはあかんと昨日から、気を取り直しました。外の情報が正しいかどうか、仰る通り、自分を主にして考えないといけないとつくづく思います。

それと、驚いたことが一つ。以前仏教のシリーズでカバラの教えに触れていらっしゃいましたが、私もカバラ数秘術の本一冊だけど持ってるし、過去に読んだことがある。と思って、改めて見てみたら、先生のお書きになった本でした。もうひぇ~という感じで、その方のブログにこうして出会って拝読を続けている自分がいる。これも縁でしょうか。とてもありがたく思っております。
2019-02-25 Mon 07:35 | URL | とおる [ 編集 ]
斉藤啓一です。とおる様、コメントありがとうございます。それと、拙著をお持ちだったのですね。感謝申し上げます。今後もこのご縁を大切に、よろしくお願い申し上げます。
2019-02-25 Mon 21:03 | URL | [ 編集 ]
こんにちは、斉藤先生。
 哲学教室5回目視聴させて頂きました。禅問答の代表例が右脳すぎる行動で仰天しました。いかに我々は左脳の働きに頼ってしまって本質が見抜けないのかわかりました。

 脳出血で言葉から開放された人の著書も、最後は感謝を訴えていてハッとさせられました。また内容の詰まった授業をお待ちしています。ありがとうございます。
2019-03-16 Sat 16:04 | URL | ワタナベ [ 編集 ]
斉藤啓一です。ワタナベさん、いつも熱心にブログや動画を見てくださり、とても的を射たコメントを寄せてくださって、心より感謝いたします。禅問答は奥が深いので、今後も動画で出てくるかと思います。よろしくお願いいたします。
2019-03-18 Mon 14:43 | URL | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |