FC2ブログ

心の治癒と魂の覚醒

        

自分が本当に求めているもの


まずはご報告とお知らせから。
 先日7月6日/7日のイデア ライフ アカデミー哲学教室は、「グルジェフ 人と思想2」を行いました。好評のグルジェフ・シリーズの第二弾です。
 グルジェフの思想は奥が深くて、そう簡単に理解できるものではないのですが、彼が弟子に語った次の言葉が、彼の教えの根底にあるように思われます。この言葉はグルジェフの人間としての懐の深さを示した、とても感動的なものであると思います。ダイジェスト版にも収録されていますが、以下、紹介してみます。
「ほんとうの人間は、苦悩が人間にとって正常なことであるのを知っているから、苦悩を受け入れる。人間は自身について真実を知るために苦しまなければならない。意志をもって苦しむことを学ばなければならない。苦悩が来るとき、意図して苦しまなければならない、存在全部で感じなければならない、そういう苦しみが、意識を持つことや理解することを助けるということを願わなければならない」↓
 動画「グルジェフ 人と思想2」(ダイジェスト版)

 グルジェフ・シリーズの三回目(最終回)は、9月7日/8日となります。
 次回のイデア ライフ アカデミーは、7月20日/21日、瞑想教室第8回「瞑想を成功させる正しいモチベーション」を行います。何をするのでも同じと思いますが、特に瞑想をする際には、正しいモチベーションを持つことが絶対的に重要になってきます。正しいモチベーションで行わなければ、効果がないどころか、邪道に陥ってしまうからです。参加ご希望の方は以下のホームページから。↓
 斉藤啓一のホームページ

 では、本題に移ります。
 私たち人間の不幸や苦しみの、最大かつ根本的な原因は、結局のところ、「自分が本当に求めているものが何かわからない」という点に尽きると思います。
 私たちは、生まれてからこれまで、親の影響や社会の影響、マスコミの影響などで、本当は欲しくもなく、求めてもいないものを「これが欲しい」と”思わされて”、それを求めているのです。そうして、莫大な人生の時間と労力とを、欲しくもないもののために浪費しているのです。
 たとえば、高級車が欲しいとしましょう。そのクルマのデザインや性能が気に入って買うのなら問題はありません。しかし、高級車に乗ることで「人から認められたい」という動機であれば、本当に欲しいのはクルマではなく、「自己肯定感」ということになるわけです。そういう人が高級車を手に入れたら、しばらくは自己肯定感が高まったように感じるかもしれませんが、じきに色あせてしまいます。自分よりもっといいクルマに乗っている人もいますし、また、クルマ以外のことになると、やはり自己肯定感が満たされないからです。そうして今度は、ブランドの高級バッグだとか、大豪邸といったものを欲しがるわけです。それらが何もかも得られればまだいいのですが、普通、そのようなことは無理です。結局、自己肯定感の低さで苦悩することになるのです。
 高級車だとかブランド品といった「モノ」では、自己肯定感を得ることはできません。そのことに気づかず、憑かれたようにモノを求める生き方は、奴隷のようなものです。欲しいのは高級車だとかブランド品ではなく、自己肯定感だということに、早く気づくことが大切になってくるのです。

 では、「自己肯定感」は、どのようにすれば得られるのでしょうか?
 自己肯定感とは「自分には価値がある」という実感のことです。それを得るには、人からの賞賛が必要であると思いこんでいます。そのために、モノやカネを獲得したり、名声を獲得しようとして欲望を燃やすのですが、いくらそのような欲望を追求して、たとえその欲望が満たされたとしても、自己肯定感を得ることはできません。せいぜい、一時的にそれが得られた錯覚をするだけで、すぐにまた虚しくなるでしょう。
 他者からの賞賛では限界があるということです。他者から自分を肯定されることには限界があるのです。したがって、「自分で自分を肯定できるようになること」、これが重要になるわけです。外側に解決策はありません。内側、つまり心の世界に解決策があるということです。

 これは、自己肯定感の問題だけに限りません。
 私たちは、自分の外側、すなわち外的環境が自分の都合のいいように変われば、幸せになると思っているのですが、これは錯覚なのです。外的環境が自分の都合のいいように変わっても、人間が求めているものは外側には存在しないからです。第一、外的環境は自分の都合のいいように変わりません。変わることもときにはありますが、変わらないことの方が圧倒的に多いです。ですから、二重の意味で不毛なことを、私たちは行っているのです。
 このような、不毛な外的環境に可能な限り依存しないようにすること、そして、外的環境に影響されない内的環境を確立すること、これが、「私たちが本当に求めていること」ではないかと思うわけです。
スポンサーサイト




人生をどう生きるか | コメント:9 | トラックバック:0 |
<<真の瞑想とエゴ | ホーム | エゴの罠>>

コメント

今回もとても為になりました。ありがとうございます。

すべては自分の中から始まり、自分の中で終わる。私は自己完結と言っていますが、すべて自分の中で解決できるようになっているのだと、ようやっと思えるようになりました。答えは常に自分の中にある。外の世界への依存をしない。仰る通りだとつくづく感じています。ありがとうございました。
2019-07-12 Fri 06:48 | URL | とおる [ 編集 ]
斉藤啓一です。とおる様、コメントありがとうございます。「自己完結」、なるほど、そのようにも表現できますね。自己完結しながらも、同時に他者と助け合っていく、これが人間の本来のありかたではないかと考えています。
2019-07-12 Fri 09:42 | URL | [ 編集 ]
本当にその通りですね。私はちょっと前まで自分ではそう思ってませんでしたが、よく考えると他人の評価を気にして右往左往していました。ただ自分が自分を肯定していれば良かったんだなぁと思います。自分OK,他人もOK。そう思うようになってから余り他人の事が気にならないようになりました。自分は成りたい自分に成ればいいだけの話で。
よいお話をありがとうございます。
2019-07-12 Fri 18:39 | URL | ユニ [ 編集 ]
斉藤啓一です。ユニさん、コメントありがとうございます。「自分は成りたい自分に成ればいいだけ」、まさにおっしゃる通りですね。
今後ともよろしくお願いいたします。
2019-07-12 Fri 19:34 | URL | [ 編集 ]
 こんにちは、斉藤先生。哲学講座8回目を視聴させていただきました。グルジェフ、いいですね。自己観察を中核とするところ、ファウスト博士の元となった人物じみてます。 
 人格とはつまり鏡に映った自分であり、観察する本体こそがほんとうの自分なのですね。今回、分かりやすかったです。グルジェフ3回目が今から楽しみです。ありがとうございます。
2019-07-19 Fri 20:00 | URL | ワタナベ [ 編集 ]
斉藤啓一です。ワタナベさん、いつも心励まされるコメント、ありがとうございます。グルジェフは「ファウスト博士」のモデルとなった一人なのですよ。次回も楽しみにしていてください。
2019-07-19 Fri 20:25 | URL | [ 編集 ]
本当に求めるものは外側に無いと頭で理解しても、どうしてもこの目が見るものに影響されてしまいます。スッタニパータに、五感を知らせずに心を見なさい、と書いてありました。この世に再び生まれない心があるのに何故か現実を見てしまう。辛いです。何者かの力でこの世界に投げ込まれ囚われ、本当に求めていることさえ忘れているのだと感じます。本当に求めるものはこの世に無く別な世界にある気がします。この世は無駄だと心底わかっていないから辛いのでしょう。もし、心底わかったら普通の生活は出来なくなります。最近、時々お釈迦様は全てに恵まれた人だから全てを捨てられたのだと捻くれた感覚になったりします。心が汚れている気がして哀しいです。ファウスト博士のツイッター拝見しています。 これからも心の支えです。今日は特に辛い日、虚しい日。いつもありがとうございます。
2021-01-21 Thu 21:52 | URL | あんこ [ 編集 ]
斉藤啓一です。あんこ様、コメントありがとうございます。お気持ちはよくわかります。過去の聖人たちを見るならば、みんな同じ苦悩を抱え、さまざまな誘惑と苦難に忍耐強く耐えてきました。人生の実相に気づいた人は、もう後には引き返すことはできないのです。忍耐強く、希望をもって前進してまいりましょう。
2021-01-22 Fri 11:36 | URL | [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
2021-01-22 Fri 23:26 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |