FC2ブログ

心の治癒と魂の覚醒

        

訂正とお詫び&苦難について

 前回のブログで、今月19日と20日の瞑想教室は「怒りを捨てる瞑想」というテーマで行うと告知しましたが、これは来月の瞑想教室のテーマでした、今月は「 苦難を瞑想によって乗り越える」がテーマです。訂正してお詫び申し上げます。
 苦難と言えば、今この文章を書いているのがお昼頃で、今まで経験したことがないと言われる大型台風が、私の住んでいる関東地方では今日の夕方から深夜に通過してピークを迎えると報道しています。すでにかなり強い雨風で外は荒れており、ピーク時にはこの何倍も強い暴風雨になると思うと、さすがに不穏な気持ちになります。
 人生においては、さまざまな苦難が訪れますが、今回は自然がもたらす苦難です。自然がもたらす苦難だけはどうしようもありません。とにかく、少しでも被害が少なくてすむように、できる限りのことをして、後は、天命を待つしか仕方がありません。
 避けられる苦難であるならば、避けるように努力すべきです。しかし、どうしても避けられない苦難であれば、それを受け入れるしかありません。ただ、苦難を受け入れるということは、口で言うほど簡単ではありません。「溺れるものはワラをもつかむ」という言葉がありますが、明らかに無駄だと思われるものにも、すがりたくなってきます。しかし、しょせん、ワラはワラです。ワラをつかんでも何の助けにもなりません。
 その一方で、「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」という言葉があります。溺れている人は、もがくからかえって沈んでしまうのです。こういうときは、思いきり息を吸って(肺に空気をいっぱい入れて)、手足をばたつかせることなく体の力を抜けば、たいてい浮かぶことができます(たくさん服を着ていると難しいかもしれませんが)。つまり、いたずらにもがくのをやめた方が、助かる可能性が高いのです。
 この教訓は、人生における他の苦難にも当てはまります。どうしても避けられない苦難に見舞われたとき、それを心静かに受け入れることができる境地を、日頃から瞑想によって養っていくことが大切になってきます。いざというとき、そうして練ってきた心が、救いをもたらしてくれるでしょう。苦難を乗り越える勇気を与えてくれるでしょう。
スポンサーサイト




未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<< いかにして聖者の教えを実践するか? | ホーム | 自分を変えるために何から始めるか?>>

コメント

気まぐれペルドンさんや江原啓之さん
色んな方がいて理解に苦しみました!
いい方や頑張っている方はもちろん救われると信じ日々前向きに頑張ります!

歓喜鞘の件ではありがとう御座います。
自分、傲慢にならなくて済みました!
2019-10-20 Sun 19:19 | URL | 恵水 [ 編集 ]
一番、心配だったのはデジャヴでした。
デジャヴが無限ループの様に感じられたからです。いつか夢うつつの中見た、白い手が…差し伸べて下さる存在がいたので、怖くありません。苦難もきっと大丈夫。
2019-10-20 Sun 19:30 | URL | 恵水 [ 編集 ]
斉藤啓一です。恵水さま、コメントありがとうございます。これからもがんばってください。
2019-10-20 Sun 21:34 | URL | [ 編集 ]
気まぐれペルドンさん殆どコメント消しましたね…やっぱり詐欺が多い業界。
呆れはてます。わたくし
ケムトレイルといい。
2019-10-22 Tue 05:41 | URL | 恵水 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |