FC2ブログ

心の治癒と魂の覚醒

        

 いかにして聖者の教えを実践するか?

 例によってまずはご報告とお知らせから。
 今月19日と20日、イデア ライフ アカデミー瞑想教室第10回「苦難を瞑想によって乗り越える」というテーマで授業を行いました。月並みな苦しみではなく、苦難と呼ばれるほど激しい苦しみに見舞われたときは、超越的な存在(いわゆる神や仏)との霊的交流が非常に重要であると私は考えます。いわば「信仰」の領域になるわけですが、信仰といっても、特定の宗教とは関係ありません。信仰とは超越的存在との霊的交わりのことです。授業では、どうすれば超越的存在と霊的な交流ができ、そうして苦難を乗り越えることができるかどうか、その方法を解説しました。ダイジェスト版ではそのための理論を説明しています。ぜひご覧ください。
動画視聴はこちらから
 次回は哲学教室(11月2日、3日)で、「易経に学ぶ運命の法則」の続きです。64卦ある易の卦のなかで、生きる指針としてもっとも含蓄が深く示唆に富んでいると思われるものを、霊性の進化という視点から解説していきます。今まで易経を単なる占いの書と思っていた人は、新たな視野が開かれることと思います。
 参加ご希望の方は「斉藤啓一のホームページ」まで

 さて、本題に入ります。
 私が今まで長い間、ずっと疑問に感じ、思い悩んでいることがあります。
 それは、「なぜ世の中にはすばらしい教えが溢れているのに、すばらしい人が少ないのか?」ということです。
 たとえば、世界で一番売れている本は「聖書」です。仏典もたくさん読まれているでしょう。宗教とは縁のない人は、いわゆるスピリチュアル系の本を読んでいるかもしれません。どれもすばらしい教えが説かれています。新興宗教でも、よほどあやしいカルト教団でない限り、すばらしい教えを説いています。
 これだけすばらしい教えが溢れかえっているのに、それに比べて、私たちはそれに見合うほどすばらしいと言えるでしょうか?
 少しはすばらしくなっているかもしれませんが、大多数の人は、すばらしい教えの内容からはほど遠いのが現実です。
 いったいこれはどうしてなのか?
 私はずっとこのことを考えているのです。
 西洋には「サンデー・クリスチャン」という言葉があるそうです。つまり、日曜日には教会へ行き、神様の話や隣人愛の話を耳にしてクリスチャンらしく過ごすのですが、残りの平日は、クリスチャンとは無縁の、すなわち、隣人愛などほとんど頭にない、冷酷で、物欲や虚栄心まるだしの生活をしているのです。
 いったいこういう人たちは、自分たちの矛盾に気づかないのでしょうか? 自分をクリスチャンと言いながら、一方で愛のかけらもない、虚栄心や物欲を満たすばかりの生活をしていることに、違和感を覚えたり、恥ずかしい気持ちが湧かないのでしょうか? こうなると、ある種の二重人格としか思えません。
 もちろんこれは、クリスチャンに限りません。仏教徒も、スピリチュアルの信奉者も同じです。
 結局、すばらしい教えが書かれた本を読んだり、あるいは話を聞いたりするだけでは不十分なのです。それだけでは人は変われないのです。その他に、何かが必要なのです。
 多くの人たちは、そうした宗教やスピリチュアルを、ある種の「娯楽」や「気晴らし」、あるいは教養の一環くらいにしか思っていないのかもしれません。
 もちろん、すばらしい本を読まないよりは読んだ方がいいでしょう。しかし、人間はしばしば、頭で理解しただけなのに、自分がすばらしい人間になったような錯覚をしたりします。愛についての高邁な理論を学んだというだけで、愛の深い人になったと勘違いしたりします。知識というものは、こういう落とし穴、危険があるのです。ですから、必ずしもすばらしい本を読むことがすばらしい結果になるとは限りません。ときには逆に、人間性を低めてしまう危険もあるのです。残念ながら、宗教やスピリチュアルの世界には、この種の人たちは掃いて捨てるほどたくさんいます。
 これでは、いくら今後、たとえイエスや仏陀のような大聖者が現れたとしても、何の意味もありません。
 教えはもう十分なのです。
 あえて「教え」というものが必要であるとするならば、それは、「教えを実践に移すための教え」ではないでしょうか?
 ならば、いったいそれは何なのか?
 どうすれば、過去の聖者たちが残してくれた教えを、自らの血肉とし、そうして自らを変え、すばらしい教えの実践者になることができるのか?
 これが、私がもっとも関心を抱いているテーマであり、現在、模索している最中なのです。
スポンサーサイト




修行の基本的な姿勢 | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<仏教の本質は実践にある | ホーム | 訂正とお詫び&苦難について>>

コメント

今回も先生の仰るとおりだと思いながら拝読しました。

結局、人は自ら覚醒するしかないのでしょうね。教えや本などはその機会を与えているのに、それを生かしきれない、そこまでの精神性が実は養われていない。だから、その者は同じことを繰り返す。そのために、この世が存在し、何度も何度もこの世に生まれて学びの続きをしているのかもしれませんね。

スピでは人は神だと言っているようですが、スピを名乗る方々の動画を見ていると、今回の先生のお言葉どおりだとつくづく思います。

この世に生まれる限り、人は似たり寄ったりのレベルで、だからそこに人を思いやるだとか許だとかの学びもあるのかもしれないですね。

ありがとうございました。
2019-10-25 Fri 13:12 | URL | とおる [ 編集 ]
斉藤啓一です。とおる様、いつもコメントありがとうございます。おっしゃるように、「そこまでの精神性に達していない」ということなのかもしれませんね。それほど難しいのかもしれません。だから何回も生まれ変わってしまうのでしょう。まずは小さなことから始める、ということなのかなとも思います。
2019-10-25 Fri 22:35 | URL | [ 編集 ]
建前と本音、知識と実践が一致している人というのは案外少ないのかもしれませんね。愛が大事といいながら、我欲のままに生きている人とか結構います。本当は、それは恥ずかしいことなのに、客観的にそれを判断出来ない迷妄があるのです。ラマナ・マハルシ師は「私とは何か」を考えよと言われていたそうです。多くの人が自分の心や行動を客観的に見つめることが大事なのかもしれません。
2019-10-27 Sun 15:22 | URL | ユニ [ 編集 ]
斉藤啓一です。ユニさん、コメントありがとうございます。「自分の心や行動を客観的に見つめることが大事」、まさにその通りだと思います。そこから始めなければ何も変わらないと思いますが、残念ながら、それ自体が難しく、また、それを本気でしようという人が少ない、ということが問題なのでしょうね。
2019-10-27 Sun 21:22 | URL | [ 編集 ]
女神様ステッキの出番ね!
2019-10-28 Mon 16:42 | URL | めぐみ [ 編集 ]
龍樹菩薩さまは歓喜地という悟りは得たのは事実なのかな。
女神様ステッキで人格変える!地獄に堕ちない様に。しかし、神々が許さないという人もいるから。歓喜天さまは呪殺使うらしいですし…
2019-10-28 Mon 17:10 | URL | めぐみ [ 編集 ]
 こんにちは、斉藤先生。瞑想教室更新お疲れ様です。確かに引き寄せの法則は問題ありですね。基本的に実在の成すがままに受け取る姿勢でいます。そうすると不思議と穏やかな日々が訪れるようになりました。体験談で恐縮ですが・・・。
2019-10-28 Mon 19:21 | URL | ワタナベ [ 編集 ]
斉藤啓一です。ワタナベさん、コメントありがとうございます。「実在のなすがままに受け取る姿勢」、これがもっとも大切なポイントであると私は考えているのです。その意味でも、貴重な体験を教えてくださり、感謝申し上げます。
2019-10-28 Mon 19:57 | URL | [ 編集 ]
こんにちは、斉藤先生。哲学教室更新お疲れ様です。易経すごいですね、イエスが人類進化の最高到達点なんですね。なんだか怖くなってきました。誰からも愛されたいなんて甘いエゴにすぎないとは。人間関係における離反は覚悟していないといけないようですね。
2019-11-07 Thu 19:43 | URL | ワタナベ [ 編集 ]
斉藤啓一です。ワタナベさん、コメントありがとうございます。私の易経解釈が正しければ、霊性を進化させる道の究極は、誰もが大なり小なりイエスのようになる、ということですね。もっとも、そこまで到達するのは並大抵のことではないですが。なので、お互い当分心配はいりません(笑)。
2019-11-07 Thu 20:13 | URL | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |