FC2ブログ

心の治癒と魂の覚醒

        

腰痛を通して学んだこと

 例によってまずはご報告とお知らせから。
 今月16日と17日、イデア ライフ アカデミー瞑想教室第11回「怒りを捨てる瞑想」というテーマで授業を行いました。怒りは仏教では三大煩悩のひとつであり、怒りによって多くの人は自ら苦しみや不幸災難を招き寄せてしまいます。そんな不幸の元凶とも言える怒りから解放される瞑想法について解説しています。また、臨死体験瞑想法についても紹介しています。
 動画視聴はこちらから
 次回は哲学教室で「交流分析とエゴ」というテーマで行います。久しぶりの心理学の授業で、自分が他者とどのような関係性を築くパターンの傾向があるかを実際に心理テストをしていただくことで判定し、よりよい人間関係を築くヒントと、エゴを消滅するヒントとなる情報を提供する予定です。人間関係がうまくいかず悩んでいる人はきっと役に立つと思います。
 参加ご希望の方は「斉藤啓一のホームページ」まで
 
 さて本題にうつります。
 私はほんのちょっとしたことで腰痛(ぎっくり腰のような)になることがときどきあり、いまその腰痛に悩まされています。今までは一週間か、長くても二週間もすれば自然に治っていたのですが、今回は一ヶ月たっても治らないので、昨日、医者に行き、レントゲンなどを撮って診察してもらいました。そうしたら、とりわけ問題となるようなものは見つからず、筋肉が炎症を起こしているのでしょうということで、湿布薬や痛み止めなどの薬をもらってきました。
 特に問題はないということで安心しましたが、腰が痛いと日常生活がかなり制限されます。そのために、しばらく運動らしいこともしておらず、ヨガもできず、瞑想は椅子に座って行っています。デスクワークをしていても、鈍い痛みがじわりじわりと感じられて、集中できません。
 ということで、いま現在の私は、いつものペースがかなり乱された状態にあります。
 日常生活のペースが乱されるということなど、人生にはいくらだってありますから、こんなことで負けてはいられないのですが、今回、思ったことは、ひとつ何が悪い状態になると、それが他のことに普及してしまい、いろいろとやっかいなことが生じて、それが慢性状態になりかねない危険がある、ということです。たとえば、運動もヨガもしていないので、頭がうまく働きません。「運動やヨガと頭の働きがどう関係するのか」と思われるかもしれませんが、運動したりストレッチをすると頭の働きがあきらかによくなるのです。これは医学的にも立証されています。また、運動していないと、意欲が低下して、何をするにも「おっくう」になってきます。これも医学的に立証されています。今は、仮に腰痛がなかったとしても、運動するのがおっくうに感じられるようになってしまいました。腰痛が治ったらまた運動やヨガをするつもりでいますが、そのときには強い意志力を発揮しないとできないような気がしてきました。
 このように、人間というものは、何か少し悪いことが起きるとその影響があちこちに波及してペースが乱され、その結果、悪い習慣が形成されてしまい、一度それが習慣になると、再び健全な習慣を取り戻すのに強い意志力やエネルギーが必要になるため、そのままずるずると悪い習慣が続いてしまう……、ということになりかねないように思われます。
 最近、芸能人の麻薬事件がニュースで盛んに報道されていますが、一度麻薬に手を染めて悪い習慣に馴染んでしまうと、そこから這い上がるのは並大抵のことではないことは、想像に難くありません。麻薬依存は一生治らないとまで言われているほどです。
 麻薬は極端であるにしても、たとえばちょっと何らかの贅沢を覚えてしまうと、その贅沢がやめられない、ということはよくあることです。これもある種の依存症と言えるかもしれません。依存症になると、それに縛られて人を不自由にしますし、また禁断症状に苦しむことになります。
 人間が堕落するきっかけというものは、案外、最初はささいなことなのかもしれません。「これくらい大丈夫だろう」と油断していると、みるみる強力な潮流に飲み込まれてしまい「これはまずいぞ!」と思ったときには、そこから抜け出すことが困難になってしまうのです。
 なので、ペースが乱されたら、それが悪しき習慣になる前に、早期のうちに対処することがとても大切であると思います。
 こうしたことを、今回、腰痛を通して学びました。
スポンサーサイト




人生をどう生きるか | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<この世の不条理をどう考えるか | ホーム | 仏教の本質は実践にある>>

コメント

腰痛大変ですね。私も腰痛、50肩など経てきましたが、どこか体が調子悪いと憂鬱なものです。どうぞご自愛ください。私の場合、可動域の関節を痛くない程度に軽く回したりする螺旋運動をしていると、そのうち治ったりしましたが。
依存症はどこか寂しくて不安のある人間が陥りやすいものかもしれませんね。気を付けなければいけないと思います。
2019-11-22 Fri 16:37 | URL | ユニ [ 編集 ]
斉藤啓一です。ユニ様、お気遣いありがとうございます。私も無理のない範囲で動かした方が調子がいいように感じています。いずれにしろ、早く治してまた元気に皆様にブログを書いていきたいです。今後ともよろしくお願い申し上げます。
2019-11-22 Fri 19:08 | URL | [ 編集 ]
斉藤先生、おはようございます。

私も腰痛持ちですが、ビタミンが効きます。

効くメカニズムは不明なのですが。

アリナミンは高価なので、ネットの通販で

ビタトレールEXPを買うとよいかと思います。

効能には、ちゃんと腰痛と書いてあります。

お大事にどうぞ。
2019-11-25 Mon 08:03 | URL | 両さん [ 編集 ]
斉藤啓一です。両さん、コメントありがとうございます。アリナミンは確かに高価です。ビタトレールEXPは知りませんでした。貴重な情報ありがとうございます。腰の方はだいぶよくなりました。
2019-11-25 Mon 16:20 | URL | [ 編集 ]
斉藤先生、こんにちは。腰痛の中で瞑想講座の更新、大変でしたね。今回も勉強になりました。臨死の状態をイメージして瞑想するのは効果が高そうですね。
 先生の魂は腰痛という試練を用意して自ら学ぼうとしたんですね。越えられない試練はないそうですから。どうかご大事に。
2019-12-02 Mon 15:20 | URL | ワタナベ [ 編集 ]
斉藤啓一です。ワタナベさん、お気遣いのコメントありがとうございます。おかげで腰痛は今は完全に治りました。目下、次の授業に向けて全力投球をしている最中です。
2019-12-02 Mon 16:38 | URL | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |