FC2ブログ

心の治癒と魂の覚醒

        

明日を思い煩うことなかれ


 まずはご報告とお知らせから。
 今月のイデア ライフ アカデミーは、哲学教室「原始仏教2 真の仏教とは」の授業を行う予定でしたが、新型コロナウイルスの外出自粛要請のため、今月も休講となりました。そのかわり、私ひとりで動画配信用として講義を収録しました。釈迦が本当に説いた教えとはどのようなものであったのか、興味のある方はダイジェスト版をご覧下さい。
動画視聴

釈迦は、この地上人生は本質的に苦しみであり、そこからの脱出を説きました。つまり、二度と地上に生まれ変わらないことを説いたのです。これが釈迦のいう「救済」です。地上世界を住み心地のよいものにして、地上世界を幸せなものにするという考えは、少なくとも直接の目的ではありませんでした。
 しかし、地上を脱出するには、精神性を高め、高潔な人間となることが求められました。そうした高潔な人が増えることによって、結果的に、この地上世界はよりよいものに変わっていくはずです。現在のように危機的な状況にあるなかでは、高潔な人々、とりわけ、高潔な政治家が求められているように思えてなりません。その意味でも釈迦の教えは、現代において非常に重要な意義をもっていると考えています。
 なお、イデア ライフ アカデミーの授業は、新型コロナウイルスの状態がよほどひどいものにならない限り、感染防止を徹底したうえで、来月からは予定通り授業を行っていくつもりです。今のような状況こそ、私たちの精神性を磨き、高め、深めるべきときではないかと思うのです。
 参加ご希望の方は「斉藤啓一のホームページ」まで

 さて、本題にうつります。
 コロナ禍が終わったら、世の中は変わると、たくさんの人が言っています。たとえば、密を避けた人との接し方が日常あたりまえになるとか、テレワークなども増えていくといった感じです。国際政治の状況も大きく変わるとも言われています。アメリカと中国、ロシア、アジアなどといった国々の力関係も変わってくる可能性が指摘されています。中国は共産党の世界覇権がますます強大になるとか、あるいは逆に縮小して民主化が促進されるとか、さまざまな意見があります。私個人的には中国共産党の野望は挫かれていくのではないかと考えていますが、どうなるかはわかりません。
 確実に言えるのは、失業者が増えることで、まだしばらくはコロナの影響が続くでしょうから、失業者の増加が大きな問題になることは間違いないでしょう。失業率が1%増えると自殺者が二千人増えるらしいので、ある意味では、コロナよりも深刻になるかもしれません。オリンピックも、私個人的には、開催は無理だと思っていますので、その面でも経済的なダメージはさらに深刻になるのではないかと危惧しています。
 他にも、第三次世界大戦が起こるとか、大地震が起こるという人もいます。戦争はともかく、地震についてはかなり現実味がありますので、こちらも心配です。
 このように、心配の種は尽きることがありません。これから世界はよくない方向に進んでいくといった情報ばかりが蔓延していますので、心配してしまうのも無理はないと思います。
 
 しかし、考えたら心配だらけなのが、そもそも人生なのではないでしょうか。
 たとえコロナ禍がなかったとしても、人生、いつ何があるかわかりません。会社がとつぜん倒産することだってありますし、解雇されることだってあります。いつ悪い病気にかかってしまうかもわかりません。皆さんよく知る歌手の人が声帯に癌ができて歌えなくなるといったことも現実には起きているわけです。家が火事になって、幼い子供を含む一家全員が死んでしまったというニュースが流れていました。交通事故にあって半身不随になってしまった人もたくさんいます。こういうことは稀ではあるでしょうが、絶対に起きないという保証はありません。独身の人には孤独死が待ち受けている可能性が高いです。結婚していても子供がいなくて配偶者が先に死んでしまえば孤独死の可能性大です。老人になればからだの自由がきかなくなってきます。ついには寝たきりとなって下(しも)の世話をしてもらいながら死を待つことになるか、あるいはそれ以前に何らかの病気で死にます。これは百%確実に起こることです。
 他にも、人生で生じる不幸災難を数え上げたらきりがありません。

 つまり、何が言いたいのかというと、コロナ禍が生じようと生じまいと、人生というものは、いつ不幸災難に遭遇するかわからないという点で、それを考えたらどこまでも心配や不安に悩まされなければならない、ということです。
 悩んで、何かいいことがあるでしょうか? 悩めば不幸災難から免れることができるでしょうか? そういうことはありません。
 もちろん、備えをしておくことはできます。たとえば地震に備えて水や食料などを備蓄しておくとか、保険に入っておくとか、不幸災難が起きても被害を最小限にとどめることは、ある程度は可能です。しかし、不幸災難から完全に免れることは不可能です。むしろ、悩めばそれだけストレスとなって病気にかかりやすくなったり、能力がうまく発揮できなくなって状況が悪くなる可能性が高くなります。

 繰り返しますが、想像力を働かせて、あらかじめどのような不幸災難に見舞われる可能性があるかを推測し、それが起きても最小限の被害で留められるように、前もってできるだけの準備をしておくことは大切です。
 しかし、そうしたらあとは、「なるようにしかならない」と、覚悟を決めて、心の中からいっさいの心配や不安を捨て去って生きていくしかないのです。それが人生というものなのです。
 アフターコロナの時代、これから非常な苦難が訪れるかもしれません。あるいは「心配していたほどではなかった」となるかもしれません。あるいは、案外、「以前よりも世の中がよくなった」という可能性だってないとはいえません(私個人的には、長期的にはそうなると思っています)。
 いずれにしろ、将来のことはどうなるかわからないので、心配や不安などを抱いて、今という大切なときを台無しにしてしまうのは、愚かなことです。最悪の事態に備えての準備は大切ですが、あとはイエス・キリストの「明日を思い煩うことなかれ」という教訓を胸に刻んでいきたいと思うわけです。
スポンサーサイト




人生をどう生きるか | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<食べなくても生きていられると主張する人々 | ホーム | コロナ危機を乗り越えるために>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |