fc2ブログ

心の治癒と魂の覚醒

        

瞑想を上達させるために大切なこと


 今月のイデア ライフ アカデミーは、「瞑想を上達させる方法」というテーマで行いました。瞑想をされている方は、ぜひダイジェスト版をご覧ください。
 動画視聴→

 瞑想をしている人で「瞑想が上達しない」と嘆く人は少なくありません。二週間や三週間くらいやって嘆くのは論外であるにしても、二年や三年、なかには何十年も瞑想しているのに、上達しないということは珍しくないのです。
 瞑想を上達させることは、非常に難しいのです。
 なぜ、そんなにも難しいのでしょうか? どうすればいいのでしょうか?

 動画でも紹介しているように、瞑想を上達させるには、瞑想だけを上達させようとするのでは不十分で、肉体面や生活環境、行為や心構えなど、総合的な見地からアプローチしていく必要があります。
 そして、瞑想を上達させるために大切なことは、「誠実さ、真剣さ、忍耐、謙虚さ」という四つの美徳です。これは瞑想に限らず、どのようなことにも言えると思いますが、特に瞑想の場合、これら四つの美徳が備わっていないと、瞑想が上達することはまずありませんし、多少の上達はあっても、いずれ限界が訪れるでしょう。テクニックを追求することも大切ですが、それ以前に、人としての基本的な美徳が何より大切なのです。

 「誠実さ」とは、言ったことは必ず実行すること、約束を守ることです。人との約束だけでなく、自分との約束も含めます。たとえば「毎日必ず30分以上は瞑想する」と決めたら(自分に約束したら)、必ずやるのです。
 真剣さとは、単なる「まじめ」以上のものです。「真剣」とは「真の剣」です。木刀や竹刀で戦うのではなく、切られたら死んでしまう本当の剣で戦うときの心構えです。そうしたら必死になるでしょう。そのくらいの気持ちが真剣さです。
 忍耐とは、さまざまな障害に負けず、自分に打ち勝って、目的を達成するまでひたすら続けていくことです。瞑想は、少しくらい修練したからといって、すぐに上達はしません。何年も何年もひたすら、ときには一生をかけて続けていくものです。
 謙虚さとは、自分に関するいかなることも誇らない、自信過剰にならない、ことです。当然ですが、謙虚さがなければ、自己満足となり、上達はしません。また、謙虚さの反対、すなわち高慢は、いずれ瞑想修行の大きな障害となって自分を苦しめることになります。

 瞑想(解脱をめざす瞑想)は、生活の一部ではなく、生活のすべてであり、人生の根幹にかかわることです。人生の根幹にかかわることは、人間性に深くかかわってきます。すなわち、美徳ということにかかわってくるのです。
 しかし、この美徳を養うことが難しいのです。だから瞑想を上達させるのが難しいのです。
 以上のべた美徳を十分に備えていると、自信をもって言える人はどれくらいいるでしょうか。ほとんどいないと思います。美徳という、人間性に深くかかわることは、いわば自己の中核であり、アイデンティティとも言えますから、美徳を養うとは自己を変えることです。自己を変えることは非常に難しいのです。
 瞑想を上達しようと思うなら、自分を変えなければなりません。しかし、人はなかなか変われるものではありません。

 では、どのようにしたら、自分を変えることができるでしょうか?
 世の中で、自分を変えるために、もっとも強力なものは何でしょうか?
 それは「信仰」であると、私は考えます。
 信仰といっても、ただ神様仏様に祈るというような、表層的なものではありません。それは真の信仰ではありませんし、控えめに言っても、信仰の初歩にすぎません。
 真の信仰をもてば、人は変われる可能性があります。もしそれで変われなければ、おそらく他に方法はないと思います。
 では、真の信仰とは何でしょうか? なぜ真の信仰をもてば、自分が変わり、美徳が備わり、瞑想が上達するのでしょうか?
 動画でそのことを解説していますので、ぜひご覧になってみてください。
 
スポンサーサイト




修行法 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ギヤのチェンジ | ホーム | いらない本を処分する>>

コメント

スパークしてから
みんなが逝く黄泉の国の音聞こえてる
みたいで怖いです!
新聞にもみんなひとりで黄泉の国へ赴くってありました!

左の頭の近くからは中ぐらいのお椀の音が聞こえます!

臨死体験もあるから一概に言えませんよね!黄泉の国なんて!
2023-11-11 Sat 17:34 | URL | めぐみ [ 編集 ]
下ヨシ子さんも言われてたので
気がかりでした!
2023-11-12 Sun 18:05 | URL | めぐみ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |